分単位のスケジュール

昨日は雨でした。
げんなり。くそ寒かった。

さっさと暖かくなってくれないですかね。

そういえば昨日は初のホワイトニングに行ってきました。

僕がいってる歯医者はオフィスとホームの2種類あって、
歯医者でとりあえず一気に白くしようぜってやつと、
家でゆっくり白くしていこうぜってやつ。

とりあえずどっちがいいのかわかんないので両方やることにしました。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

最近、馬車馬のごとく働き、おっくんのごとく遊ぶために
スケジュールをパツンパツンに詰め込んでいます。

体力的にどうなのかという心配もありましたが、
特にいまのところ大丈夫のようです。

ジム通っている成果がここでも出てきているのかもしれませんね?

前々から口をすっぱくして記事でも書いてきたと思うのですが、
「この事業が手離れしたら〜」とか、
「このスキームトライしてみてうまくいったら〜」とか、

たられば、ゆっくりしたいなあという言葉をよく言ってきたし、聞いてきたんですが、結局そんなときは僕たちにはやってきません!

なぜなら、僕たちはいつまでたってもやりたいことが増え続けるからです。

そんな事業手離れするころには、また新しいことやりたくてたまらなくなってきているでしょう。
そうなると、ゆっくりする時間とか遊ぶ時間なんかいつまでもまとまって取れず、年を重ねていってしまいます。
マジです。

見てください、僕なんかもう30歳になってしまいました。

なので僕は働きながら遊ぶことに決めたのです。
どんだけ忙しくても、夜は仕事しないでいいような体制にしようと整えてきました。

もはや半ば半強制的に夜は予定を入れて遊びに行ったり、
飲みに行ったりをするようにしていきました。

最初のうちは結構不安になります。
あれ、俺こんな遊んでてかまんの?

みんな働いてんじゃない?

夜に仕事の連絡とか入るたび不安になります。

でもそういう生活を続けていると思うのですが、
案外そんなに遅れることもなく進んでいくものです。

むしろちょっと仕事だけしてたころより調子いいんじゃねえかぐらいで進んでいきます。

なので、
自分が今まで当たり前と思って注いできたタイムリソースは、
多ければ多いほど良いってもんじゃないんだなあと思います。

量より質なわけですね。

ここでもまたエッセンシャルな思考が。。。

こういうライフサイクルの転換っていうのは想像以上に効果を発揮するケースもあるのでぜひ試してみてもいいかなと思います。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。