羽田-虹橋-義烏の道

昨日より義烏入りしています。
昨日はいつもお世話になってる淘太郎の和田さんに四川料理に連れてってもらいました。

辛いのが苦手な僕ですが、
汗をまるで粉ふきいものように吹き出しながら食べるその姿、まさに我武神龐煖也!!

あ、やべキングダム出ちゃった。

昨日はどうやら午前中にANAのシステム障害が発生し、
全便搭乗不可みたいなニュースがあったみたいで、ちょうどその瞬間ぐらいに搭乗手続きしたところだったんですが、どうやら国内線だけだったみたいですね。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

今回も備忘録的に。

義烏はじめて行く人は参考にしてみてください。
僕が行けたのであなたも行ける。

まず今回は上海経由で行ったけど、
空港的には杭州のほうが近いのでそっちでもいいかなと思ったんですが、あいにく飛行機が取れなかったので虹橋経由にしました。

虹橋には空港に隣接して新幹線の駅があるので、
そのまま新幹線に乗れるわけです。

浦東で降りちゃうと、虹橋までちょっと遠いので上海内での移動が発生します。
なので義烏が目的地なら虹橋のほうがいいですね。

でも浦東から義烏行きのバスもあるみたいです。ケツ痛いけど。

ただ、虹橋でもターミナル1と2があって、古い方(ターミナル1)で降りちゃうと、
新幹線の駅があるのがターミナル2なので、
「あれ、ここどこやねん!」ってなります。

ちなみに今回のケースがそれです。ANAの羽田-虹橋はターミナル1なんですね。

でも出てすぐ右のほうへ向かうとシャトルバス乗り場があるので、
そのシャトルバスでターミナル2へ行くことができます。

で、ターミナル2についたら、直ぐ目の前の建物(とりあえずでかすぎて何かわからんけど)の3階まで上がっていくと、新幹線乗り場へつながります。

ちなみに新幹線はけっこう埋まること多いみたいなので、予約したほうがいいですね。
僕も前日に予約しましたが残り数席とかでした。

新幹線乗れたらあとは1時間半強ぐらいで義烏に到着します。

そっから福田市場まではまあタクシーでOKですね。安いし。

ちなみに普通なら30元ぐらいで到着するみたいですが、今回のタクシーは道に迷ったあげく渋滞にからまれたので50元かかりました。

ということでなんだかんだ1日移動になっちゃいましたが、
帰りはもっとすんなり行けるかなーなんて思います。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。