依存は良くないっつったって笑

先日のメルマガで、中国で辛いものばっか食べたから胃に優しい物を。
とか言いながら、初日から家でチゲ鍋作りながらトウバンジャンがんがん入れてるのに気づいて、あれ頭おかしいんかな?

って思いました。

今週も張り切っていきましょう。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

土曜日の深夜から、
実は僕が数年前から愛用しているzendeskというCS対応Webアプリがあるんですが、メール転送が完全にポシャってしまい、まったくメールがzendeskに取り込めない自体が発生しております。
※27日夜時点でいまだ復旧なし

いや復旧とかそういう話じゃなくて、
zendesk側自体も事態を把握していない状況です。

これはもしかして内輪ごとの問題なのかもしれない、と思っていろいろ調べました。

Google appsのグループのエイリアスでアドレスを量産してるんですが、
もしかしたらデフォルトの転送設定がいかれたのかもしれない。

と思ったんですが、
別に他のアドレスには転送できてるし、どうやらzendeskシステムだけ転送が受け取れてない模様。
Google appsの障害情報にも異常は見当たらず。

zendeskの障害情報のほうも音沙汰無し。
Twitter検索してみても、騒いでる様子はない。

なんで休みの日にこのコナンばりの謎解きせなあかんねんと思いつつ、ツイートしてたら知らない数名からメンションをもらいました。

「ですよね?」的なw

やっぱりうちだけじゃなかったんだ、
とほっとしましたが、特に問題解決したわけじゃないので状況は変わらず。

うちではさまざまなプラットフォームでオートレスポンスや、テンプレートなど、メール対応のほとんどをこのzendeskで行っていたので、
amazonなんかでもセラセン上からの返信を余儀なくされたり、
テンプレもコピペしたりと、かなり作業に影響が出ました。

でももちろんこういうことは起こりうることだし、
依存しすぎるのは良くないつったって、
全ての業務に2の手3の手用意できるほどヒマでもないので、

まあこういうのはたまに起こるのは仕方ないのかなと思います。

ただ、一つ思うのは、
CSアプリケーションの会社にしては顧客の対応が遅すぎるんちゃうかなと感じました。

盛大に困ってるアピールしたんですが、
ほぼ丸2日動きなし。

海外zendeskにも問い合わせたけど、
ひととおり説明したのに「で、いったいなにが起こってるんだい?」みたいな返答w

俺が知りたいねん。

ということで、zendeskやめといたほうがいいよなんて言いませんし、僕は復旧次第また使い続けると思いますが、
愛用しているサービスでの対応が悪いとちょっとショックですね。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。