Home > 販売スキーム > 何を使うかじゃない、どう使うか
young it engeneer business man with thin modern aluminium laptop in network server room

何を使うかじゃない、どう使うか

またしても更新が久しぶりになっちゃいました。
先日はたくさんのLINE@でのメッセージありがとうございました。

割りとご要望が多かったのでうちのアカウント保守に関する記事を近いうち書きます。
いや今書けよ、と思うかもしれませんが大人の事情がありますのでもうちょっと待ってね。

さて、今月も残すところ4日となりました。

早いですね。
世間はGWを目の前にして盛り上がっております。(たぶん)

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

情報過多と言われるこの時代、求められる力というのは情報を入手する力でしょうか。

それだけじゃないですね、
あらゆる情報を精査して(キュレーション)正しい自分の考え方をアウトプットできることが重要になってきています。

例えば、
PRIMAがamazon輸出にはいいらしい。

といった噂を聞いたとします。

マジで?
じゃあ使ってみよ!

でもまあこっちとしてはいいんですけど、

あれ?よくわかんねえな、使い方わかんねえわ、やめよ。

ってなって、その人が、

PRIMAマジ使えねえ

ってどっかで記事書くとする。

ではその記事を読んだひとは、

PRIMA良いらしいって聞いたけど、やっぱ使えねえんだ。

ってなる。

これって誰が悪いの?って言われたら別に誰も悪くないんですけど、
大事なのは、

「PRIMAマジ使えねえ」

って書いた人の記事がどの程度信憑性があって、
何を理由にそういった意見を述べているのか、

このあたりを文章の言葉尻などから、捉え方、目線などを判断し、どの程度信頼における意見なのかどうかというのは個人で判断していく必要があるんじゃないかなと思います。

なんか書いてて思ったんですが、別に実際そういう記事を見かけたとかいうわけではないですw

実際販売に関してもそうです、
今はそういったPRIMAなどであればamazonから商品データや画像URLなどを簡単にデータ収集することができます。

データがあれば、
なにができるかというと、ネット上で大袈裟な言い方するとデパート並の小売店をいきなり立ち上げることができるのです。

集客できるかどうかは別として。

そしてそれで売上叩けるかどうかは別として。

じゃあそんだけ簡単に商品データを収集できる世の中で、なにが一番重要になってくるのか。
それが、先ほどの例にもつながりますが、
そのデータの信憑性、
そしてそのデータをどう活用するか
です。

amazonから取得したデータだから間違いない!
と思ったら間違いです。

もはや間違いだらけです。
でも全頭検査できる量でもないですね。
じゃあなにを妥協したらいいのかな?

DBの活用方法についてはこれまで何回か書いてきましたが、
このあたりは力技というよりはITリテラシーの高い人のほうがやはりうまいなあと感じます。

このへんに関しては僕もまだ20%ぐらいしかしたいことできてないのでモヤモヤしてます。
年内には70%ぐらいまでは持って行きたいです。

これまで何回か書いてきたような気もするけど忘れたのでもう一度言うと、
データは何を集めるか、使うかではない、
そのデータをどう使うかで全ては変わるといっても過言ではないです。

僕らはポケモン図鑑を完成させるのが仕事ではないです。
ポケモンリーグでいい成績を残すことが仕事です。踏み違えないようにしたいですね。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

国内ECのEC化率と米国鈍化原因から見えてくるもの

ちょっと前の記事なんですが、 …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 後編

問屋無在庫販売スキームが成立す …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 前編

amazon無在庫販売というス …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です