Home > 販売スキーム > コストは比例して増えるべきでない

コストは比例して増えるべきでない

GWなか日ということで昨日は普通に仕事してました。

しかし今日から3連休ということをしてみます。
メール対応とか出荷とかあるので、
こういうとき一番なんかいろいろ考えますねw

しかし渋谷の街はここぞとばかりに人だらけです。

ちなみに渋谷以外の街にはほぼ最近行ってないのでよく知りません。

あれ?よく考えたら・・・

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

無在庫販売や自社発送での売上を積み上げていく場合、
売上に伴ってさまざまなもの(というかほぼ全部)も比例して増加していきます。

なぜそういうことが起きるかというと、
もちろん実作業が伴うことはもちろんのこと、
一定割合で起こるトラブルの絶対数が増えるので、必然とそのトラブル自体の数もうなぎのぼりに増えていきます。

例えば、
まず一番に勘弁してくれレベルで増えていくのは問い合わせです。

問い合わせの種類としてほぼ9割を占めるのが配送関連の問い合わせです。

これが売上というか実際には出荷数に比例して増加します。
もちろんテンプレ作成しておけばある程度は時間短縮は可能ですが、
ある程度以上は不可能です。

それにともなってa-to-z ClaimsやReturn Requestも増えてくるので、
全額返金対応や返品受付もしないといけません。

そうなると、
CSに追加でそういったAdditionalな作業もどんどん増えてきます。

そして無在庫であればもちろんですが仕入も増加します。
実はこれが一番の苦行と言われています。

ショップなどからの仕入も、一定数の割合で在庫切れを起こします。
その絶対数も増えるので対応に充てる時間も増加することになります。

もちろんSKU数も増えていると思うので、
仮にWarningが来た場合の対処も一苦労になります。

というのもSKU数が多ければ多いほど、目視での確認は困難となるのでどうしても抜けが出てしまう可能性も発生してくるのです。

ちょっと思いついただけざっと書いてみましたが、
結局これってairbnbとかと比べるとわかりやすいんですが、

airbnbってどんだけがんばっても1ヶ月に30日しか宿泊してもらえないじゃないですか。

内装とかリスティング上位表示とか工夫したり単価あげたりしても、
30日以上泊まってもらうことは不可能です。

であればさらなる売上を伸ばすためには物件をどんどん増やしていくしかないのです。

同じように、
自社発送ビジネスも出荷のみならずあらゆる作業、管理項目が増えるので人を増やさないとどうしようもなくなってしまいます。

これってレバレッジ効いてるとはいいがたいですよね。。。
なんか力技感が半端ないです。

だからどうしたいってわけではないのですが、
ふと思ったのはもうちょっとスマートにしたいなと思うわけです。

作業時間や作業工数に比例するものではなく、
もっとちがう価値を提供できるようなビジネスにしていきたいと願っています。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

国内ECのEC化率と米国鈍化原因から見えてくるもの

ちょっと前の記事なんですが、 …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 後編

問屋無在庫販売スキームが成立す …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 前編

amazon無在庫販売というス …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です