Home > 販売スキーム > ブラックウィーク

ブラックウィーク

昨日はとある男の恋愛相談を受けてました。
髪切ってもらいながら。

彼は自分では駄目だと思っていながら、
ついつい女の子のペースにまんまとはめられているみたいです。

たぶんドMなんですね。

一度痛い目をみたほうがいいかもしれませんね、
かつての僕のように。。。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

世間のゴールデンウィークカラーが一転、
僕のGWは完全にブラックウィークとなってしまっております。

実は先日2月の記事でも書きましたが、
大規模なえらいこっちゃ問題が発生したのもつかの間、
また同規模のえらいこっちゃ問題が発生しました。

GWまっただなかに。

しかし、今回はスタッフみんな休みなので早急な対応ができず大変です。
いろいろと大変です。
お腹も減ってきました。

前回の出品ミスは原因は結局不明だったのですが、
今回のミスは調べるとすぐに原因が判明しました。

完全に僕のミスによるものでした。
DB構築ミス。痛恨。

前回のそれほどまでの損失想定額ではないのですが、
またキャンセル依頼や赤字対応をしていくと思うと心が折れそうです。

こんな時期に変なことするもんじゃないですねw

なにか起こる前提で、すぐに対応できるときにこういった大規模な変更はするべきだなと痛感しました。

まあでもこういった問題はつきものですね。
たぶんあと一回ぐらいやらかすんじゃないかなと思っています。

でも覚えてるだけでこれで3回目ですねw

5月入ってから仕事でもプライベートでもふんだり蹴ったりですが、
なにもなかったかのような鉄のハートで乗り切りたいと思います。

あとそのノリでメキシコも始めました。
昨日一個だけ売れてました。なんかフィードバックあげれるようがんばります。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

国内ECのEC化率と米国鈍化原因から見えてくるもの

ちょっと前の記事なんですが、 …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 後編

問屋無在庫販売スキームが成立す …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 前編

amazon無在庫販売というス …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です