Home > 販売スキーム > 売上腹八分目でアカウントを守る6 – 収集ASINのリスク排除

売上腹八分目でアカウントを守る6 – 収集ASINのリスク排除

ということで帰国しました。
ただいまジャパン。

中国でこれでもかというぐらい炭水化物を摂取してきましたので、
本日よりとことんジム通って絞り込みたいと思います。

見てろよ!

ちなみにどうでもいい話かもしれませんが、
先日のたなぴーの結婚式前日に大阪で初めて会ったOさんという人がいるんですが、
なんと義烏の展示会でもまた会って、
それはいいんですけど、なんと昨日の朝、うちの最寄り駅で偶然遭遇しましたw

どんな確率w

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

売上腹八分目でアカウントを守る1 – 概要

売上腹八分目でアカウントを守る1 – 概要


売上腹八分目でアカウントを守る2 – 各種指標チェック

売上腹八分目でアカウントを守る2 – 各種指標チェック


売上腹八分目でアカウントを守る3 – 指標チェックに基づいた運営A

売上腹八分目でアカウントを守る3 – 指標チェックに基づいた運営A


売上腹八分目でアカウントを守る3 – 指標チェックに基づいた運営B

売上腹八分目でアカウントを守る3 – 指標チェックに基づいた運営B


売上腹八分目でアカウントを守る4 – Warningの早急な対応

売上腹八分目でアカウントを守る4 – Warningの早急な対応


売上腹八分目でアカウントを守る5 – 複数アカウント徹底管理

売上腹八分目でアカウントを守る5 – 複数アカウント徹底管理

さて最終章です。

連載書いて思った。
マジでしんどい。

もう当分書かねえ。

でも今回はちゃんと書きます。
今回は実は一番肝となる部分です。

可能なかぎり売上はあげたい。
それは誰でも同じで、それと反対の方向に向かってエネルギーを使うことは本能的に拒絶するように人間の脳みそはできています。

だから、今回書くことは本質を理解しないと行動に現れませんので注意してください。
知ってるだけじゃだめです。
理解して行動に移さないと全くもって無駄です。

以前から無在庫販売においてこの部分に関しては触れてきたかもしれません。
特に真新しいことでもないです。

販売側のリスク排除、
それは、
・リスティングASINの危険グループを該当ASIN以上多めに排除すること

に限ります。

これはそもそも論として、
禁止ブランド、禁止ジャンル、禁止商標といったものをより多くDBとして保持している必要があります。

だから、昨今無在庫販売が年々始めるのが難しくなってる理由のひとつとして、
この禁止商品リストの絶対数がどんどん増えている、
というのも理由の一つかなと思います。

だって今からこのリストがもし、なかったら絶対やる気出んもん。

で、今回の「多めに排除すること」に関してですが、
イメージとしては転移を想定して癌を切除する際、腫瘍部分よりだいぶ多めに切除してしまう、という感じです。

例えば、だいぶ前の例を出してみます。
KAMINOMOTOというブランドの商品があります。

日本では加美乃素ですね。

実はこのブランドの育毛剤なんですが、アルコール濃度的に航空危険物に該当します。
なので国際郵便で送るのは不可能です。

それだけでも危険なんですが、
知らずに送って返送されて商品届かなくてクレームになったら。。。
もちろんアカウントに影響してきますね。

そういったものをじゃあどのように排除するのか。
全ての該当ブランドの商品のアルコール濃度を調べるのか?

それは途方にくれますね。
だったらブランドごと排除しちゃったほうがいいんじゃねえの?

ということです。

わかります、その中にはいずれ機会損失も現れてくるでしょう。
しかし、機会損失と販売停止リスクを天秤にかけること自体が間違ってるのです。

Warningメールが来た場合も同じです。
該当ASINが例えば、存在してるか不明ですが「おそ松くんのLEGO」だったとします。

この場合、「おそ松くん」がアウトなのか、
「LEGO」がアウトなのか判断つきかねます。

権利者情報などがあればある程度推測可能ですが、
実際わからないことも多々あります。

この場合は、どうするか。
そうです、「おそ松くん」関連、そして「LEGO」関連を抹消するのです。

いやいや、俺はそんな思いっきし機会損失つくるつもりないから。
という方もいるかもしれませんが、
太く短く生きるというのであれば別にそれでいいと思います。

でも僕は、そこそこの太さで長く生きたい。
ダメ、微妙、いける

の三種類があるとしたら、
ダメ=X
微妙=X
いける=◯
という判断を躊躇なくできるマインドが必要不可欠です。

これがあるから腹八分目で許容できるわけです。

amazon無在庫リスティング販売において、本当にPriorityを置くべきものはなんなのか、
今一度見つめなおすきっかけになれば幸いです。

長くなったので、次回まとめたいと思います。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

【自動販売機】って実はそこまで自動じゃないから、やっぱ本当の【ガチ自動販売機】がほしい

海外って自動販売機ってほとんど …

返送品及びキャンセル品の不良在庫に追われて三千里

特に海外販売なんかしてると、 …

欧州VATについて現状一番くわしい情報について

欧州amazonで販売していく …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です