Home > 販売スキーム > 本家Amazonやっぱ参入

本家Amazonやっぱ参入

さて、明日引っ越しなのにいつもと変わらない朝を迎えました。
果たして、明日本当に引っ越しできるんでしょうか。

サカイ引越センターに値切って3万で1.5トン車を出してもらうわけですが、
朝イチ9時に来るらしいので、
準備出来てるかという以前に、起きれるかどうか不安なところです。

あと、昨日部屋見に行ったらフローリングのワックス剥がれや、
壁紙の傷、破れが全く直ってなかったのでどうしようかと考えています。

やっぱ戦うしかないよね。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

Amazonってのは、
だいたいマーチャントの売上げデータを元に、
商品力のあるものを選定し、
自社在庫を抱えてカート独占するというまるで理にかないすぎたビジネススキームを兼ね備えているプラットフォームとしては有名ですが、

実は僕ら販売支援システムを提供する身にとっても驚異的なことが起ころうとしています。

すでにご存知のかたも多いかと思いますが、
Amazon Automate Pricing

amazon、自動価格改定はじめます。

冷やし中華はじめましたようなノリではじめそうないきおいです。

まあ確かに、
セラーセントラルのタブにPRICINGが出てきたあたりで怪しかったんですよ。
現状、あんまりInventory Manageとの使い分けもイマイチだし。

ということで、
世の中のAPIを使った自動価格改定ツールは、
このAmazon Automate Pricingの機能と戦うこととなるわけです。

まあPRIMAも一部そうなんですけどね。

ちなみにヘルプページもすでに割りとできあがってます。
Seller Central Help: Manage inventory: Tasks & tools: Automate Pricing
sellercentral.amazon.com/gp/help/201994820?referral=A28BPEE4R0MGUZ_A1MW2ZC66EANRJ
※要ログイン

でさらにいろいろヘルプページ見てると、
プラットフォーム間(USとCAなど)の自動価格調整なども共通のMinimum Priceをベースにできるっぽいです。

ここまでくるともうamazonさんお願いします、みたいになりますよねw

実際この件について、
セラーサポートに問い合わせたのですが、
5/31までには使えるようになるから!

つって6月を迎えました。

このFunctionによってまた市場はどのような変化を迎えるのか。

早め早めに動いていきたいものですね。
というか動いていかないと置いてかれますよ、時代は常に流れてますからね。

なので、わけのわからん集まりの飲み会なんか行くぐらいなら常にアンテナはある程度自分ではっておくことのほうが必要じゃないかと思います。

わけのわからん飲み会たまに開いてる僕がいうんですから、
まちがいありません。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

欧州VATについて現状一番くわしい情報について

欧州amazonで販売していく …

国内ECのEC化率と米国鈍化原因から見えてくるもの

ちょっと前の記事なんですが、 …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 後編

問屋無在庫販売スキームが成立す …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です