Home > ライフログ > イギリスEU離脱決定

イギリスEU離脱決定

懲りずにセブンのスンドゥブチゲをまた食べました。
予定どおりまたお腹を壊したのです。

人間のからだってよくできてるなあと痛感しました。トイレで。

お酒はガンガン飲んで吐いてしてたら強くなりましたが、
辛いものはどんだけ食って壊しても強くなりませんね。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

さて、昨日は歴史的一日となってしまいました。

イギリスがEU離脱することが国民投票により決定したのです。
これは、
AKBから高橋みなみが脱退しますとかそういうどうでもいいレベル話ではありません。

投票結果が全て開票される前から為替は鬼のように揺れました。

特にポンドですね。
円に対して実に昨日のボラティリティは26円ありました。

実に16%ポンドの価値が1日で下がったわけです。

とりあえずは140円ぐらいまでは戻ってきてますが、
まあそれでもいろんなところで大打撃かと思います。

ユーロもだいぶ円に対して下げました。
ユーロ仕入が数百万控えてたので、
なんか得した気分ですw

今後イギリスはEUを抜け、どうなっていくのか、
それはさっぱりわかりませんが、
僕らに必要なことは順応していくこと。

世界の経済状況がどう変わろうと、
常にある程度のパフォーマンスを維持できる体制というのは資産です。

しかも為替が絡むグローバルなビジネスでそれができたらステキですよね。

世界は変わるし、時代は流れます。

いずれまた、サブプライム、リーマンショック、
そしてスイスフランショックや今回のイギリスEU離脱問題のようなことは必ず起きます。

来ないことを祈る、というのは例えば地震や台風が来ないことを祈るのと同じです。
自然災害レベルに僕らにはどうしようもできません。

じゃあ僕らはどうすべきなのか、
地震大国の日本では耐震設計の高度な技術や、
早期地震検知システムによる新幹線の早期電力供給遮断など、いろいろな資産が生まれています。

そうやって、順応していくしかないのです。

所詮はこの世は諸行無常なのですから。

ということでうちの未入金のポンド&ユーロ売上は大赤字ほぼ確ですが、
まあそれはみんないっしょなので、気を取り直していきましょう。

どうにでもなる!

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

Wantedlyで求人募集を開始してみて1日経過して思ったこと

Wantedlyで求人はじめま …

遅くなりましたがドッコイあけましておめでとうございやす。

さあやってまいりました2017 …

iMac 27インチ5K (Late 2015)のメモリを24GBに増設したら泣きそうなぐらい快適になった

iMac 27インチを衝動買い …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です