Home > ライフログ > 「流れ」ってやっぱある

「流れ」ってやっぱある

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016
rijfes.jp/

のチケットが7次抽選でようやく当選しました。

といっても7次で初応募だったのですが。

あとはTHE ONE限定の白ミサのチケットさえ取れれば。。。
8月はアツい一ヶ月になりそうです。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

なんかビジネスでも恋愛でもそうなんですけど、
なんかいい流れ、悪い流れってあると思うですよね。

売上なんかでもそうですね、
意味不明に噴いたいするし、意味不明に没落したりします。

でも意味不明ってのは嘘で、絶対なにかしら原因はあるんですけどね。

でもそんな波があるとき、
一番大事なのは悪い流れのときどうするかです。

いい流れのときは、遠慮せずのっかっとけばだいたいいい流れは続きます。
ここで慎重になってはいけません。

まさに調子に乗ることも重要です。

しかし悪い流れのとき、落ち込んだり、
自分なんてなにやってもだめだ、みたいか自己嫌悪に陥ってしまってもなにもいいことありません。

それどころか更に負の連鎖を加速させてしまいます。

ではどうすればいいのか、
基本的に「気にしない」ことです。

というか深く考えないことですね。

これは簡単に聞こえますがなかなか難しいですw
気にしたり、考えたりすることで、
「今自分は悪い流れの中にいる」

と認めているようなものです。

認めなければ、それは悪い流れではありません。

なので常に、今の流れをもっと良くする方法や明るいことを考えておけばそのうち悪い流れも愛想つかしてどっかいってしまいます。

なにやらスピリチュアルな感じになってしまいましたが、
割りとこの悪い流れのあとにいい流れって来やすいんじゃないかな。

と思います。経験則的に。

恋愛でいうとモテ期みたいなもんですねw

あなたもモテ期あったんじゃないですか?
どうなの?

ですがこのモテ期を意図的に継続させるのって結構難しいんですよね、
意識してしまうとなんかうまくいかなくなってしまう。

だから特に難しいことを考えず、調子に乗ってるぐらいがちょうどいいわけです。
ビジネスもそうなんちゃいますかね。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

ネット物販会社としての目的(ミッション)って何やねんって考えてみた

インターネットを通じて小売(E …

仕事ができるなあと感じるコンビニ店員

仕事ができるできないの判断って …

Redmine導入した理由

ホリデーシーズンに差し掛かって …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です