Home > 販売スキーム > システム要件定義書を書く
fashion shoot of pretty woman with romantic retro dame style. Wearing baroque dress with frill veil collar, precious earrings and tiara in the hair-style, elegant make-up

システム要件定義書を書く

さて本日は愛媛に帰って、愛媛の新入社員の歓迎会です。

愛媛の子にもお土産をせがまれ、
東京のスタッフにもお土産をせがまれています。

おれはお土産屋さんではない!!!

運び屋でもない!

でも買ってきてあげるよ。。。
おじさんは女の子の頼みには弱いんですよ。。。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

さて昨晩は華金でありながら夜までカフェで仕事してました。

なぜかカフェだと仕事が捗るのはなぜでしょう。

カフェで仕事とか憧れるっ!
ってこないだとある女の子が言ってましたが、
憧れる云々ではない、普通に捗るのだ。事務所より。

まあもちろんチームワークのいる作業は別ですけどね。

個人でもくもくとするような仕事はカフェのほうが捗ります。
理由は不明、ソースは僕です。

で昨日はなにをしていたかというと、
今月からはじまるEIKING自社で開発始めるってよ、の最初の段階の要件定義書を作成していました。

そうなんです、
プログラマが2名入りましたので本格的に自社で開発をバシバシに進めていこうと思っています。

そのための要件定義です。

僕が物販向いてないのは皆さんご存知かと思いますが、
自分でも向いてるな、と感じるのがこの要件定義書を作成しているときです。

こんなめんどくさいこと、
こんなヒューマンエラー起きやすいこと、
こんな時間かかること、

などなど、誰もこんなことしたくないようなこと、
それらをシステム化して誰もしたことないような仕事をしていくための下準備です。

もちろんコストとの兼ね合いや時間との兼ね合いもあります。

人月的にコストが掛かり過ぎるようであればやめるかもしれませんし、
あまりにも欲しいタイミングまでに間に合う目処がつかないとなればぶん投げるかもしれません。

でも要件定義書に理想を描いた上で、
開発者とのヒアリングでどこまで現実的な部分まで落とし込んでいくか、
それがどちらサイドの妥協になるのか、
はたまた開発側から僕が想像だにもしなかった案が出てくるのか、

この瞬間が1番ワクワクするものです。

僕も高校がそっち系だったので、人並み+αぐらいはシステムの知識があると思っているので、
できるできないの判断や、
整合性、テーブル構成などいろいろ考えた上での提案をしているつもりです。

ただ1番大事なのは、
僕がやりたいことがどれだけ開発側に伝わっているか、だと思います。

というかそれに尽きると思います。

なので社内でやりたいと以前から思っていました。

だって、社内で会社の流れ見てたら必然とおおまかな流れとか、
僕がやりたいこととか説明しなくてもある程度把握できますからね。

ということで、弊社も先月より4期目に突入しております。
4期目はおそらくハネます。

これまで、大してハネてなかったですが、
4期目は3期分のもんすごいいっぱいの失敗を糧にして、大胆にハネる予定です。

その要素はいろいろ詰まってきています。

これまでで1番楽しみかもしれません。
引き続き有益な情報を発信できるよう、ブログ/メルマガもがんばりますね!

〜編集後記〜

現在、社内としては女性のほうが多くなってきています。

15名中、9名が女性です。
※1名中性

別に狙ったわけじゃありません、
女の子が多いほうがいいなあとは思ってましたが、まさかこうなるとは思ってなかったです。

でも人数はこれぐらいでいきたいですね。
この人数でレバレッジどれだけ効かせれるかは僕にかかってます。

でもハネるイメージはできてますので1年後が楽しみでしかたないですね。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

【自動販売機】って実はそこまで自動じゃないから、やっぱ本当の【ガチ自動販売機】がほしい

海外って自動販売機ってほとんど …

返送品及びキャンセル品の不良在庫に追われて三千里

特に海外販売なんかしてると、 …

欧州VATについて現状一番くわしい情報について

欧州amazonで販売していく …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です