Home > 販売スキーム > 俺氏全力でリサーチしてみる
Kid plays with magnifying glass in the garden

俺氏全力でリサーチしてみる

昨日、とうとううちの事務所に王騎将軍が来られました!

王騎将軍
www.facebook.com/eiking.asia/photos/ms.c.eJwFwYENADAIArCPFggg~_v9ja4nisJmbbOlHlGDlER3oA3HrBqk~-.bps.a.728560747226833.1073741829.420434798039431/1070908569658714/?type=3&theater

マジでかっこ良すぎる。
なんてこった。

そしてうちの中国人の子にキングダムの説明したら、
「いやちょっと秦始皇帝とかよくわかんない」

と軽くあしらわれたあげく、

「社長、これ箱ジャマなんで捨てといてね」
と言われて帰社されていきました。

ああ、なんて扱い。。。
秦の六将なめんなよ!!

続きは編集後記にて
※ネタバレ注意
※メルマガのみ

さて、ちょっと最近思っくそリサーチしてみたらどうなるんだろうと思って、zonASINhunterとPRIMAを使って空き時間を使ってデータ収集をしています。

基本的にzonASINunterでASINぶっこ抜いて、PRIMAで残りのデータ取得している、というイメージです。

僕の目的としては、
まあPRIMAのアプデのために現状の不足点をあぶり出すというところと、
最終的なゴールデンルールを探しだすことです。

つまりPRIMAで取得したデータをもとに、
自社発送での、
無在庫リスティング基準
在庫保有基準
在庫リピート発注基準
在庫保有終了基準

FBA発送での、
FBA在庫納品基準
FBAリピート発注基準
FBA取り下げ基準

これらをある程度明確な数値で決定付けることができるんじゃないかと考えています。

そのためにはやはり自分で1からやってみないとわかんないので、
そのために泥臭くリサーチしてます。

やってて思うのは、
よっぽど売れる商品(チェキとか)でないのに、
FBAセラーで2ページ目まで埋まってしまうような商品になぜFBAに入れようと思うのか、

また、
逆になぜこの商品でFBAセラーが皆無なのか、

といった商品が多く見当たることです。

FBAでも自社発送でもそうですが、
利益率は以前よりかなり低下したと言われていますが、
もっともっと手はあるんじゃないかなと感じました。

ただ、そのスキームで新たなFBA選定をしたところで、
どっちにしろのっかりFBAされるのは見えてます。

型番商品での生き残り方は、
一つしか残っていません。

永遠に納品SKUを増やし続けることです。

そうでもない限り、確実にコンペティターによって売上の影響を受けます。

なので、
継続して新規納品するためのSKUを探し続けれるようなスキームが必要です。

それがPRIMAである程度できそうな気がしてそわそわしてるわけです。

とりあえず割りとカタチになったらPRIMAユーザには公開しようと思います。
といってもロジックだけなので、
それぞれPRIMAでやってもらうようにはなると思いますがw

諸行無常なこの世の中で生き残り続けるためには、流れに乗って漕ぎ続けることです。
同じことを繰り返しするのではなく、
同じ方法でいろいろなものを作り続ける必要があるんじゃないでしょうか。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

国内ECのEC化率と米国鈍化原因から見えてくるもの

ちょっと前の記事なんですが、 …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 後編

問屋無在庫販売スキームが成立す …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 前編

amazon無在庫販売というス …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です