システム化の目的

結婚式もありかなりハードな3日間でした。

土曜日に帰って夕方に到着し、
それから飲みに行っていつものように朝まで。

2時間寝て謎に結婚式が10時からだったので式場へ。
朝からちょろちょろ飲んで、披露宴終わってから二次会まで時間あったので、
ちょっとゆっくりしてからまた夕方から夜中まで二次会三次会。

んで昨日普通に朝からバタバタ仕事して、
夜また飲み。

今日の朝イチの便でこれから東京へ戻る予定。
そして週末また帰る予定w

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

いま、猛烈にシステム開発を進めています。
いや、どの程度のスピードなのかは一般的にはわかりませんが、
可能な限り早いスピードでいろいろ進めてます。

個々のプロジェクトとしてはいろいろあるんですけど、
結局それがどこにつながっていくのか、みたいなのって重要ですよね。

なんかシムシティでいうと、
こんな建物建てたい!そしてこんなのも!これも!あれも!

みたいな感じでいっぱい建てたいものいっぱい作ってみたけど、
街としては人口は減少し、災害にも弱く、市長の支持率も低く、税収も乏しいような街であれば本末転倒であります。

このあたりって、
結局どんだけ先を読んで行動することができるか、
という点にかかっているかと思います。

これはシステム開発のみならず、リソースの割き方については全て言えることです。

お金の使い方、時間の使い方、人材の使い方、
全てにおいて今より3年後あたりを見て行動できればだいぶ未来も変わってきますよね。

ということで実は今はそのあたりを自分なりに、自分自身に対して課してる部分がありまして、
前から思ってたけど軍(組織)としての力が思う存分発揮できてないのをどうにかしたいなと思っています。

いわゆる軍略ですね。(キングダム読み過ぎか)

そのためにはやはり先読みする力、つまり相手(マーケットとか)の動きを読む力が必要です。

しかしここで気にしてはいけないのは、
感情を排除すること。

なんだかんだいってドライだねって言われることも多い僕でしたが、
これでも感情を兼ね備えています。

そんな感情論や私情を挟んだ軍略ではマーケットに打ち勝つことはできません。

ロボットになれというわけではありません。
でもシステム化のその先って、

ヒューマンエラーの排除や作業の効率化、
物販業務においてはそのあたりが主な介入ポイントかなと思うんですけど、

僕的にはそんなことよりも最重要な部分て、これからの時代「感情を排除すべき部分」なんじゃないかなと踏んでいます。

感情が良い方に傾いたり悪い方に傾いたりする、
それでは安定したビジネススキームとはいいかねます。

スキームの中で、そういったポイントをいかに感情を排除して「悪い方に傾かないようにする」か、
というのが今後のビジネスにおいて大きな課題になるんじゃないかと。

AIが発達してきたら、まあ彼らがどんぐらい感情を持ってるのかは不明ですが、
少なからず僕らよりはロボットチックだと思いますので、
そうなるとAIさんたちが人類に勝っちゃいます。

まあそれはそれで時代の節目かもしれませんが、
そうなる前に、負けないための対策というのはこれから出来る限りしつつビジネスを進めていきたいところですね。

大げさかもしれませんけど、
21世紀はみんなの思ってた以上のスピードで流れているのは事実です。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

2 件のコメント

  • データから事実を読み取ろうとするアプローチをする時、感情は事実を読み取りにくくする側面と、未来に同じ判断がしにくいと言う側面がありますよね。

    経営に於いてはどちらも問題ですが、事業の拡大と言うポイントでは、後者がより問題になりますよね。

    判断を定形化できれば人に任せられる部分が広がって作業のレバレッジを効かせることができる範囲が広がりますものね

    • そうですね、そういった判断部分でいかにシステマチックにできるかで安定したパフォーマンスができるかに関わってくるんじゃないかなと思います
      まあそのかわり逆に爆発的なものものぞめなくなりますが笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。