広告にかけるべき費用とは #1

お待たせしました、いや誰を?って感じですが、
本日より福岡に飛び立ってきます。

マジ久しぶり、去年のセミナーツアーぶり。
前回は日曜日だったので次は週末に来よう!とか思いながら、
がっつり平日どまんなかでの来福です。

さあああて、食うぞおお!(デブ)

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

広告って、まあ順当にいけば普通に露出があがるので、
需要のある商品であれば売上があがる、ものだと思うんですけど、

じゃあいくら広告費かければいいの?

って言われたらすぐ答えれるひとはどのぐらいいるでしょうか?

え?いっぱいいるって?
うそだろ。

まあいいや、
とりあえず広告の使い方がだいぶ板についてきた気がするのでホントかわかんないけどシェアするぜ。
たぶん長くなるので#1ってしてみたけど、
もしかしたら2ぐらいで終わるかもしれないぜ。

まあでもちなみに広告ってのは、ほぼほぼ使うとしても自社商品になるかなと。
仮にもし型番商品などでFBAないし無在庫で広告使ってうまいこと売上あがってるって人いたらおもしろいね。興味津々。

ということで最近はプロモーションや広告にどっぷりです。

といってもamazon内でですけどね。

amazonマスターしたら、FBやリスティング広告などにも広げていきたいと思います。
ちなみにちょっと広告効果とか見てると楽しいです。

まだまだわからないことも多いですが、この広告費用対効果の絶妙なパフォーマンスが最大化するポイントがあるはずじゃないですか、
かける広告費に対して売上があがる比率で。

そのポイントを探し求めるのって、ロマンですよね、モンブラン風に言うと。

ということで次回からどのようにamazonで広告うっていくのがいいのか、いっしょに考えよう。(Togetherかよ)

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。