Home > 販売スキーム > 利益率ってどれ?

利益率ってどれ?

税調1日目終了。
なんとか問題もなく済んでほしいなあw

とりあえずあと1日しのぎます。

昨日は飛行機でしか寝れなかったので死にそうでしたが、
寝たら確実に遅刻すると思ったのでしかたなかったです。

そしていつもなんですが、
僕が搭乗口に行くとすでにラスト一人!みたいなことが多々あります。

いったい皆さん何分前から並んでるんですかw

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

うち利益率こんぐらいですよー

みたいな話するじゃないですか、
でこれいろいろ紐解いてみたら結構バラバラなことが多いなと思うので誰か統一してくれよって思うんですけど、
実際の利益率(ここでいう粗利)ってのは
一般的には

売上金額に対しての利益額の割合

かと思います。

でもここで疑問が出て来るのが、
例えば送料を込で売上計算する場合、
実送料価格によってこの利益率もかなり左右されるんではという点です。

仮に仕入れ100円でも、送料がEMSで4000円かかります、
果たしてそんな商品があるのかは謎ですが、
そうなると総売上(商品販売価格+販売送料)でってなるとまあまあの金額になると思うんです。

まあ利益率によるけど$50あたりかな。

じゃあ$50で販売したと仮定して、
利益率10%って計算すると、
$5が利益って感じですよね。

でもこれって原価からすると500%近いですよね。

額小さいからピンときませんが、
100万の車仕入れて500万の利益出してるってことですよ、
そんなことあんのかよって思いますよねw

そう、この考え方でいくと、
ようは原価として送料も考慮してしまうわけです。

会計上の粗利計算はこれでいいと思うんですよね。

でも、実際の販売ベースでの利益率ってのは仕入れ原価基準のほうがイメージしやすいのかなと思います。

ようは仕入原価に対してのみ利益をのっける、
送料は実費請求です、

的なスタンス。

まあ無在庫の場合だとそこまで気にする必要はないと思うんですよね、
だって投資利回り的な考え方でいくと、先行投資が基本ないわけですから。

でも在庫持つとかFBAってなると先行投資になりがち、
であれば先行投資となっている仕入原価をベースにするのが1番スマートなんじゃないのかと。

最近思うわけです。
そのほうがわかりよいじゃん、
100万在庫もって、3ヶ月で売り切って200万にしました、

これが支払日から最終入金日までが3ヶ月だった場合、
月利でざっと33%ぐらいでてる計算です。

でも物販だと全然あると思うんですよね。
ただそこにFBA手数料とか送料を加味した販売金額からの利益率で考えるから
イマイチなにがベストなのかわかりづらいんじゃないかなと思います。

あくまで持論ですが、
単純に仕入原価(ここでいう仕入原価は先行投資に値する経費を含む)に何%載せて、
何ヶ月でさばくか、
という点に重点をおくのが近代EC在庫販売の真骨頂なのではないだろうか、

と睡眠不足で回らない頭をフル回転させて書いてみました。

正気に戻ったら間違ってることに気づくかもしれませんが、
とりあえずこのまま気持ちよく寝たいと思います。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

【自動販売機】って実はそこまで自動じゃないから、やっぱ本当の【ガチ自動販売機】がほしい

海外って自動販売機ってほとんど …

返送品及びキャンセル品の不良在庫に追われて三千里

特に海外販売なんかしてると、 …

欧州VATについて現状一番くわしい情報について

欧州amazonで販売していく …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です