海外amazon無在庫販売の最終形態を目指す #2

ホントにどうでもいいこと言っていいですか、
ブログのいろんな部分を日本語に翻訳しました!

eiking.asiaブログ
http://eiking.asia/

といっても結局カテゴリとかメニューはまだ英語ですが。。。
海外製のWPテーマなので放置してたんですが、
なんかすごい気になったので翻訳してみました。

まあどうせ日本人しか見ないんだから日本語のほうがええよなってことで。

またとんでもなくヒマなときにメニューとかも変更します。
誰も気にしてないからとか言うな!w

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

さて先日の続きなんですが。
とりあえず無在庫の最終形態ってどんなだろうか。

まずはそこから定義してみようかと思います。

とりあえず最終形態ってのがなんなのか。

よくわかる画像があったのでこちらをご覧ください。

フリーザの進化形態
https://lh3.ggpht.com/8DP5hP_O2HmBgJJi45tPR-0pzhplG960LpxFLsPFTLJUXcOY2phtMCu9CJg2dj0MK0W0kFDO7IK2ZBUz202FOYOMW9g=-rj-l80

右に行くにつれて進化していって、1番右が最終形態です。

どうですか、
これすごいわかりやすいんですけどw

ようは余計なものが削ぎ落とされて、
1番戦闘に適した体型となってるわけです。

武装してみたり、ツノ生えてみたり、頭伸びてみたり(迷走)したけど、
やっぱ最終的にこれが落ち着くやん?

みたいな葛藤が見て取れます。

つまり無在庫も同じで、
最終的に無駄なものを削ぎ落としたもの、それが最終形態になると仮定しましょう。

そうなると現状の無在庫スキームで無駄なものというのがなにか、
それを探すことになります。

うーん、いろいろありますね。
でもこれは規模によってとか、目指す売上によってちょっと変わってくる部分なので一概には言えません。

例えば規模小さくて自社発送そんなにしてないのに大きい作業場は無駄ですけど、
規模大きくて自社発送で毎日数百個送ってるとこからすると必須ですね。

フリーザで例えるなら、悟空を倒したいのか、クリリンを倒したいのか、はたまたチャオズなのか、
で変わってくるということですね。

それに比例してかけるお金もやっぱ変わってくるのでホント一概には言えない。
でもこれは極端な話、
投資ゲームとして見立てるのが1番しっくりくるのかもしれません。

またこれについては長くなるので次で。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。