ネット物販会社としての目的(ミッション)って何やねんって考えてみた

インターネットを通じて小売(EC物販)の会社を経営していて最終的な目的を明確にしている会社がどれほどあるだろうか。

ちょっとした価格差をきっかけにスタートした個人物販ビジネスも、
規模が大きくなるにつれて、目の前に次々と立ちはだかる壁に立ち向かいつつ、
僕たちは馬車馬のように働いてきた。

そしてふと思うのであった。
僕たちの行き着く先はどこなのだろう。

実はそこには明確なゴールがなく、いつ終わるかもわからない旅の渦中にいることを気付かされることになる。

そこで僕は、人並み程度そんな会社を経営してる身として考えてみることにした。

僕たちはどこへ、そしてなんのために進み続けているのだろうか。

 

ゴールの決まってないスタートは間違いではない

このビジネスを始めたとき、
最終的な目的として明確に持っているひとなんてマジで1%もいないんじゃないかと思います。

ちなみに僕が知ってる中では一人しかいません。
まあ聞いてないだけかもしれません。

って考えると、まあそれは特に間違いじゃないと思うんですよね。

だって、それが間違いだったらほとんどの会社がぶっ潰れるじゃないですか。
まあ実際はぶっ潰れてるのかもしれませんが。

でもなんとかうちみたいに4年も利益純増しながらやってってるとこもちらほらあるはずです。

逆に、明確な目的が先に来るって珍しいと思うんですよね。
だいたいが始めたきっかけって、「金欲しい!!うほ!!」とか、「もう会社やだ!!企業するぽ!!」とか、割りと目の前の近いところの目的がきっかけだと思うわけです。

5年後、社会にこういった影響を与えたい、この腐った業界に風穴を空けてやりたい、
そういった目的ってやりながら沸いてでてくる気がします。

かくいう僕はそういったものは沸いてこなかったのか。

そのへん色々考えてみたんですが、沸いてでなかったこともないです。

まあ大半はそのまま蒸発してしまいましたけどね!
(うまいこという)

曖昧な会社の目的にある4つの問題点とは

しかしちょっと考えてみればわかるんですが、
例えばさっきの「社会に○○な影響を与える」というのが目的だったとしても、そういう目的って問題点が4つあると思うんです。

ゴールがあいまいで誰も判定できない

よくあるパターンですね。それやるのはいいけど、どうなったらゴールなん?
みたいなあれ。

敵陣のゴールネット揺らせばOK!みたいな明確なラインがないとモチベーションも保ちにくいです。

でもこれは実は解決策があって、
例えば「日本製品を海外に販売して国益を得て国に貢献する!」みたいな目的だったとすると、

まず話がでかすぎて何がどうなってもおそらく判定不可能だと思います。
そこで一つひねって、
じゃあ一中小企業としてどのぐらい売上上げたら貢献できたと言えるのか?と考えてみます。

まあこのラインは人それぞれかもしれませんが、感覚的にいいラインは10億ぐらいでしょうか。

なので、

「日本製品を海外に販売して年間10億の売上をあげ、国益を得て国に貢献する!」

でどうでしょう。もう一歩ほしいですね。

これだけじゃ終わりません。

 

それって一回やり切ったら終わりなの?それとも次があるの?

それによっても変わってきますよね。
仮に10億やったった!やっほい!

で会社たたむわけにもいかないので、何か考えなければいけません。

というかたった1回ごとき10億いったところで国益に貢献したと言えるのかまず不明ですもんね。
そんな短命でいいならいろいろ方法も思いつきそうですし。。

なのでこの先に「国益」と通ずる第2フェーズを用意するか、
10億を上げ続けるか、なにかしら必要なんじゃないかなと思うわけです。

このへんは言葉の難しさでもあるのかもしれませんし、10億やるんだ!で会社全体奮い上がるんであればそれでもいいんじゃないかなと思います。

ただ僕はその先がなんか準備できてないと、じゃあそのあとどうすんの?

って考えちゃう性格なので、ちょっと手あげて質問してしまう生徒かもしれません。

 

でそれいつまでにやるのさ?

これも実は明確になってないとおそらく達成できない要素のひとつです。

「日本製品を海外に販売して年間10億の売上を上げ続ける会社にして、国益を得て国に貢献する!(200年後に!)」

とか言われても困るわけです。

何代向こうまで責任もってくねん!

 

てかだいたい目的はわかった。でそのわけは?

最後に一番大事そうなものを持ってきてみました。

ここまで、5W1Hである、いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)の中からピックアップしてあげてみましたが、ここでWhyです。

それなんでやるの?????

例の目的で言うと、なんで国益に貢献したいの?

という点です。

確かに、言われてみるとなんでやろ。。。
みたいなことも多いかもしれません。

というかこういうものって、湧いて出るとしてもそれに事業全部投資できるかって言われると不明だから明確にしにくいってとこもあると思うんですよね。

だってあれもしたいし、これもしたい。

全然関係ないけど、こんなことも興味ある。

わかります、痛いほどよく、いや・・痛すぎます。いたたたた!

 

そんな目的を会社全体で共有できたら

でも逆に言うと、これが明確になると非常に強い組織を作ることができるんじゃないかなとも思います。

それできたら絶対おもろいやん!まじ名誉やん!鼻高々やん!モテモテやん!

みたいな、そんな目的を会社全体で持てたらいいですね。

まあ僕個人ではいろいろ考えてるんですが、
徐々にこれを僕個人から会社の所有する目的へと、所有者変更していけたらなという段階です。

 

前述したような明確な目的を再度定義してみたいと思います。

よく考えたら?あれ?みたいなとこ書いててあったので。

ということで、
ネット物販会社としての目的(ミッション)って何やねんって考えてみた結果、
まずそれを会社として明確にして共有してみよう、というところに行き着きました。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。