レジなし店舗Amazon Goがすごい。年明けには早くも一般開放予定

amazonのシアトル本社ビルにてAmazon Goが社内テストを開始、
2017年に入ってぐらいから徐々に一般開放していく予定とのこと。

なぜこのネーミングなのか、POKEMON GOより前から決めてたのかは不明だが、なんかもうちょっといいのあったんちゃうかと思う。

レジでの精算はもういらない:アマゾンの食料品店「Amazon Go」に行ってみた

でも仕組みをいろいろ調べてみるとまあおもしろいなと思った。

 

完全レジ無しAmazon Goは日本にもいずれ来るのか

Amazon Goはスマホがないと入れない

とりあえず入るときにゲートでスマホをかざしてアプリと連動するようである。

となるとスマホ持ってないひとは基本的に入れない。
まあでももうスマホ持ってない人ってのは結構減ってるのでこれは問題ないんかな。

まあもちろんいろいろ追跡しないといけないので、
こればっかりは仕方ない。

 

どんな仕組みで買ったものを追跡するのか

どうやらユーザ自体をカメラとセンサーで追跡し、
AIで手に取ったかどうかを認識し購入リストに追加・削除を行うらしい。

まあ簡単にいうと、amazonのサイトのカートに入れる入れないをAIが勝手に判別してるということだ。

カゴに入れればカートに入るし、棚に戻せばカートから削除される。

まあどこまで正確に追跡できるのかはまだ不明だけど。

だって絶対こっそりカゴに入れようとするやついるじゃないですか。
カメラの位置を確認して、
カメラから見ると見えないように商品を重ねてカゴに入れるとか、

そういうこすい万引きは増えそうな気がします。

まあamazonなんでどうにかすると思うんですけどね。

 

Amazon Goが日本に来るとどうなるのか

こういう新しいテクノロジーが現れると、
今の世の中がどうなるのかって気になるところなんですが、

結局あんまわかんないんですよね。

個人的にはこうなる!と思ってもかなりそれは主観が入ってて、
実際マジョリティが動くと、あれそうなるんや!みたいになります。

なのであまりこういった意見は信憑性がないですが、
僕的にはいろいろ応用が効けばかなりおもしろい世界になるのかなと思います。

例えば、受付とか。

セミナーでもそうですし、病院とかでもそうですけど、
いちいち受付で名前言って、予約あるか確認して、ってのめんどくさいですよね。

なんかそんなのもなくなるだろうし、
ようはUberの仕組みに近いですよね。

ああいったスマートなサービスが世に広がれば、
限りある人生の無駄な時間をもっともっと削減できるんじゃないか、そしてもっと豊かな生活を限られたタイムリソースに注げるんじゃないかとワクワクしています。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。