選ばれし者が集う、年3回しか開催されない「ふみかど亭」に1年4ヶ月ぶりにお呼ばれ

先日の2016/12/5(月)、人生で二度目となる「ふみかど亭」にお呼ばれしていただいた。

今年も呼んでいただけて光栄でした。
そしてふみかどさん、またしても最高のお料理をありがとうございました。

今回は前回できなかったので、
コース全料理をここで一挙公開したいと思う。

ちなみに前回僕が参加した2015/8のときのコースも僕のInstagramを見てもらえたら遡って見れるのでぜひ見てほしい。
そしておそらくよだれがたれてくると思うので、上を向いて見ることをおすすめする。

 

誇張なしで人生最高の体験を与えてくれた料理

僕もこう見えて、それなりにいろいろなレストランなどに行ったことがある。

そんなに高級料理店などに行ったことあるわけではないですが、
美味しいものを食べるのは好きなので、割りと遠くてもいったりする。

学生の頃は、松山から車で1時間ほどかけて毎週今治までたこ焼きを食べに行ってたものだ。
まああれはただの悪ノリではあるが。

まあとにかく、人並みには美味しいものは食べてきたつもりだった。

が、去年初めて行ったふみかど亭でその神話はあっけなく崩れ落ちたのである。

 

こんなうまいもの世の中にあったんかいな

正直いって、うまい!というよりは、
こんなにも自分の味覚の上限に振れ幅あったんかいな!

という衝撃のほうが大きかった。
なんせ今まで感じたことない感覚を味覚を通して味わったわけだ。

ちなみにふみかど亭に行ったことない人にこの話をすると、

「大げさだな( ・´ー・`)」

とよく言われる。

が、一度ふみかど亭に行ったことある人にすると、

「だよね。」

となる。

まあそれもそのはず、あの味の衝撃は食べてみないとわからない。

 

ということで一挙コース公開する

今回は、先日のコースを一つ残さず公開したいと思う。

 

ちなみに誰でも行けるようなところではないので、
せいぜい写真を見て悔しがってほしいと思う。

 

ごちそうさまでした

今回はセキ子とのコラボもあったり、
サイドメニューのマッシュドポテトが美味すぎたり、

写真では伝わらないサプライズもいろいろあったが、
また食べたいと切に願う。

しかし、これにお呼ばれするためにはやはり、
それなりにふさわしい男であり続ける必要がある。

なのでこのふみかど亭が、ひとつのモチベーション維持を担っている部分もあるのである。

 

今回もインフォ業界の重鎮畑岡師匠や、カプセルZの福田さん竹内さん、
そして残念ながら奇跡的に山田さんが風邪でダウンというサプライズもありましたが、

前回同様非常に有意義な時間だった。

いつも企画いただくクニキには頭が上がらない、
呼ばれなくなったらいけないので、クニキの前ではいい子にしていようと思う。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。