iMac 27インチ5K (Late 2015)のメモリを24GBに増設したら泣きそうなぐらい快適になった

iMac 27インチを衝動買いして手持ちで持ち帰ったあの日から10ヶ月が経った。

日に日に動きが鈍くなっていくiMac、もう我慢しきれないということでここでようやくメモリ増設を敢行することにした。

誰にも文句は言わせない、
僕は人並み以上に我慢してきた自信がある。

そして僕は8GB x 2の合計16GBの増設に踏み切った。

 

なぜiMacにメモリ増設が必要になったのか

まず増設が必要になった経緯についてだが、
そもそも衝動買いとはいえ5K27インチでサクサク動くPCを使ってみたい!

と思って買ったのはいいが、
使用数日で手持ちのMacbookの5倍ぐらい重たくなる。

いや、実重量でいうとiMacのほうがとんでもなく重いのだが、
まさか実重量に比例して動作も重くなるなんて想像してなかった。新しいMac。

でも今回重要なのは重さではない、動きのほうだ。

この10ヶ月間であらゆることを試してみた。

でも結局メモリ増設という糸口しか最終的に見いだせなかったのである。

 

OS Sierraの再インストール

OSアップデートがあると、不具合上等で一目散にインストールしたがる癖がある。

Sierraのときも同様で、真っ先にインストールした。
そもそもローカルで作業することがあまりないので、
特に不具合が起きてもChromeさえ普通に動けば特に業務に支障はない。

加えて言えば、もし万が一問題あってもMacbookのほうは様子見で置いているのでそっちでなんとかなる。

Sierraにしても一向に動作は変わらない。

むしろ悪くなった印象すらある。

そこでいろいろ調べた結果、どうやらSierraは上書きではなくクリーンインストールしたほうが良さそうだったということがわかった。

なのでOSの再インストールも行ってみた。

 

もうこれはメモリ増設するしかない

OS再インストール後はかなりサクサク動いた。

やっぱOS入れ変えたらちゃうなー!

これが本来のiMacか!最高やで!

と言っていたのもつかの間、すぐに2週間ほどでまた以前と変わらぬほどとなった。

いやもういいンゴ。。。疲れたンゴ。。。

 

Macbook(フルSSD)と比較してもiMac(Fusion Drive)のほうが完全に重いのは火を見るより明らかだったので、
そんなことあってはならない、という謎の正義感が僕を突き動かした。

そして気づいたらamazonでメモリを購入していた。

iRam Technology iMac(Late2015 27インチRetina 5K)用メモリ8GB

 

早速装着。8GB→24GBにメモリパワーアップ

もちろんのこと翌日には届いたので、さっそく装着することにした。

なお、装着はマジで3年生でもできるぐらい簡単。

参考にしたサイト

iMac 5K(Late 2015)のメモリを16GB増設して8GB→24GBにすることに!iRamと迷ったけど、購入したのはKomputerbayのメモリ

あっと言う間に装着完了。

装着シーンの写真を取る暇もないぐらいに。
(忘れただけ)

OSを起動すると、しっかりメモリぶっささってることが確認されました。

 

iMac 5K 27インチ メモリ増設後の感想は

快適じゃないわけがない

この一言に尽きる。

だいたい30万近く出してなんでストレス溜めながら仕事せなあかんねん、
というそもそも論もあるのだが、
ようやくこれでストレスフリーでMacを触れるようになった。

とにかくFusion Driveがダメなのか5Kディスプレイがダメなのか、
CPUに対してのメモリ容量なのかなにが原因で重くなってたのかは僕には不明ですが、

わかったことはメモリでなんとかなったということ。

これ以上は何も望まない。

あとやっぱFusion Driveは信用できないので、
もし今度買い換えるとしたらフルSSDにしたい。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。