Home > 販売スキーム > 欧州VATについて現状一番くわしい情報について

欧州VATについて現状一番くわしい情報について

欧州amazonで販売していくうえで一番懸念されるのがVAT問題ですよね。

VATってなんやねん、そもそも払う必要があるのか等々。

明確な答えを持たずに販売してきたセラーの方々も多いのではないでしょうか。
というかたぶんほとんどのセラーがそうだったんじゃね?とまで思います。

 

欧州VATは支払う必要があるのか

欧州VAT(付加価値税)は我々日本のセラーも支払う必要があるのか、
という点ですが基本的にはそりゃ払う必要があるわけです。

こっちでいう消費税ですからね。

海外企業だから日本のひとたちに商品売ってもサービス提供しても消費税は納税しなくていいよ!

てことはないわけです。

 

欧州VATについては明確な答えがなかった

いろんな意見はあったんですが、このVATに関しては特に絶対これや!
みたいな答えは誰も持っていませんでした。

なぜなら、そこまで越境ECに対しての法規制がまだ定まっていなかったというのもあるかもしれません。

というか僕もそもそも全然知りませんでしたし、
欧州販売についてはうちもすでにだいぶ昔に撤退してます。(ガチ)

だって怖いじゃん、いきなり

追徴で◯千万円いただくンゴ

とかってイギリス税務当局から連絡きたらどうしますか。

胃痛いンゴー

ってなりますよね。

 

結局どうすればいいのでしょうか

知らねえよ。

というのがまあ本音なのですが、
欧州というマーケットは非常に大きいです。

これを無視して「俺、越境ECやってっぜ」といえたものでしょうか。

なんとしても売りたいですよね。
そう実は僕も思ってましたよ。

そこで去年の11月に株式会社グローバルブランドの山田さんがとあるセミナーを開催しました。

その名も、越境ECスタートアップセミナー (EU編)。

 

越境ECスタートアップセミナー (EU編)

以下がセミナーアジェンダになります。

  1. このまま放置するとどうなるのか
  2. このままVAT登録せず放置するとどうなるのか
  3. 今回のセミナーの目標
  4. VATの考え方
  5. 欧州Amazon無在庫販売の現状(VAT有無)
  6. 欧州AmazonFBA販売(VAT有無)
  7. VAT法の改定予定
  8. 欧州Amazon市場の今後の展望

 

内容的によだれがでそうだったので、うちも弟を派遣して参加しました。

これまで濁っていた視界が一気にクリアになった感じです。

「あれ!?レーシックした!?」

ぐらいに。

2016年の11月17日に開催されたセミナーなんですが、
ソッコーで枠も埋まっちゃって参加したくてもできなかった人も多いんじゃないでしょうか。

 

動画でもいいからみたい!!

そんな声も多かったみたいなので、撮影して動画の販売をすることになりました。

といっても僕は何も関わってないんですけどw

てか特にちゃんと売ろうってLPなどがあるわけでもなく、
決済リンクがあるだけなので実際みたいってひとは申し込んでみてください。

価格以上の価値は余裕であると思いますよ。

 

越境ECスタートアップセミナー (EU編)動画購入はこちら 5,400円
(PayPal決済画面になります)

 

小柴健右会計事務所の公認会計士、小柴先生によるVATに関するセミナー約100分が収録されてます。

内容は上記に記載したアジェンダ通りですね。

 

越境ECスタートアップセミナー (EU編)所感

まあ欧州販売やるにしてもやらないにしても、
知っておいたほうがいいような税金関連の情報が手に入りますね。

これはググりまくったひとはよくわかってると思いますが、
たぶんググってもあまり信憑性のある情報って出てこないんですよね。

特に、「amazon欧州で売る場合」みたいな偏った情報はね。

なのでとりあえず見といて損はないんじゃないかなと思います。

 

ちなみに今回の紹介は完全にただの紹介以外に何の目的もなく、
ただいいモノだから紹介しているというレビュワー魂を発揮しただけです。

レビューで思い出しましたが、食べログも書いてるので見てね。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

国内ECのEC化率と米国鈍化原因から見えてくるもの

ちょっと前の記事なんですが、 …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 後編

問屋無在庫販売スキームが成立す …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 前編

amazon無在庫販売というス …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です