Home > 販売スキーム > 【自動販売機】って実はそこまで自動じゃないから、やっぱ本当の【ガチ自動販売機】がほしい

【自動販売機】って実はそこまで自動じゃないから、やっぱ本当の【ガチ自動販売機】がほしい

海外って自動販売機ってほとんどないんですよね。
これは海外初めて行ったときにビックリして、今思い出してまたビックリしてるぐらいです。

なぜなんでしょうね。

あんなに便利なのに。
おお―!こんなとこにもあったのか!みたいな。

うわ、ここのオール100円やん!とか。

そんなサプライズに海外では出会ったことありませんね。

そんな自動販売機ですが、子供の頃に考えたことないですか?

自動販売機、俺も欲しい!

と。

 

 

自動販売機も別に完全自動ではない

とりあえずジュースの自動販売機って、
昔から自動販売機とか自販機とか言われてますけど、

考えてみるとそこまで自動でもないんですよね。

自動販売機も必ず人の手がかかる部分がある

ジュース(在庫)の補充も行わないといけないし、
売上の回収も行わなければいけません。

え?ああ、まあそうですね、昔あったエロ本の自販機も同じだと思いますよ。

話を逸らしにいきますが、そういえば渋谷でこないだ、コンドームの自販機を久しぶりに発見しました。

戻します。

なので自動といっても自動なのは、コンビニでいうレジだけなのです。

最近話題になったAmazonGoローソンの無人レジと同じで、
顧客が商品を選んで決済だけ自動でやってくれて終了っていうのが自動販売機です。

ちなみにローソンの無人レジはこちら

自動販売機って決済だけなのか、てことは

そうか、これが自動販売機なのか。

と考えたときにあれ?って思ったひとも多いと思うんですが、
そうですね。

ネットショップはすでにそれは完成していますよね。

ただ商品の到着にタイムラグがあるので、
通常の自動販売機や実店舗と違って、「受取」という工程が別で発生しますが、

「自動」である部分はさほど変わんないわけです。

じゃあみんなネット物販やってんやから自動販売機やん!

って思うかもしれませんが、
まあやってたらわかりますが、まったくもって自動でもなんでもないですねw

いつまでも作業は猛烈に増えるばかりです。

そこで思ったわけです。

自動販売機ってこれが限界なんかな。。

と。

いやそんなはずはないはずはないはず。(どっち
まだまだ突き詰めていけば自動にできるポイントなんかあるはずです。

本当の自動販売機が欲しくなってきた

そう考えるとなんか、
自動販売機を極めてみたくなってきました。

ということで、
まずはジュースの自動販売機がどこまで「自動」になれるのか考えてみたいと思います。

実は先ほど言った、
手間がかかっている部分である、在庫補充と集金に関しては、メーカー設置の場合は、
メーカーの委託業者が代行するので、基本的に設置した土地の本人はすることはありません。

ガチで自動販売機なわけです。

でもここで考えるのは、
可能な限り積極的に利益を出しつつ、自動化することです。

ようは可能な限り、自社の手で在庫補充と集金を自動化したいという前提の上で行こうぜ、ということです。
外注使わずにね。

ジュースの自動販売機ももっと自動化できるのか?

そうなるとまず簡単そうなのが集金ですね。

とりあえず現金禁止にしよう!

Apple Pay、AlipayやAmazon Pay、もしくは電子マネーなどのみ。
そうすると、売れなくなるかどうかは置いておいて、とりあえず集金は自動になりました。

まあたぶん売れなくなりますけどね、おじいちゃんとかに。

では在庫補充はどうしましょう。

これもなんかちょっと考えれば自動化できそうですね。

そうですね。

在庫持つのをやめよう!

いやそれはちょっと自販機では難しいな。

よし、じゃあ売れたジュースをカウントして、自動発注システムを組もう!

でもそれだと、委託業者が普通に補充しにくるのとさほど変わんないですね。
となると、まああんま変わんないかな。

ということジュースの自販機はこれぐらいが限界でした。

ネット物販だともっといけるんじゃないか?

じゃあネット物販だとどこまでいけるかな?
販売スキームにもよると思うけど、
もっと先まで行けるような気はしますよね。

ってことで長くなるのでこれはシリーズ化して、
今後突き詰めて行きたいと思います。

必ずや、本当の【自動販売機】を手に入れてやる!

次回の記事で、
とにかくどこまでの【ガチ自動販売機】を目指すのか定義してみるで。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

国内ECのEC化率と米国鈍化原因から見えてくるもの

ちょっと前の記事なんですが、 …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 後編

問屋無在庫販売スキームが成立す …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 前編

amazon無在庫販売というス …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です