Home > 販売スキーム > ネット上にガチで【自動販売機】を設置する上で自動販売の定義について考えてみた

ネット上にガチで【自動販売機】を設置する上で自動販売の定義について考えてみた

さて、ネット物販で自動販売機を設置しようぜってことでスタートしましたこの企画。

え!企画だったのかよ!
と思う方もいらっしゃるかもしれません。

それもそのはず。今決めましたからね。

 

amazonを自動販売機にする販売スキーム道のり!

ということで、
まったりではありますが、今後ひとつのコンセプトとして、
ネット上に自動販売機を設置することを目標にしていきたいと思います。

amazonを自動販売機にする販売スキーム道のり!

ここに記事ぶち込んでいきますので、以後お見知りおきを。

ということでさっそく、
前回からの続きですが、まずはその定義について考えてみたいと思います。

 

自動販売についての定義を定める

そもそも、自動販売機ってどこまでのことを言うのだと。

そりゃそうですよね、
普通にジュースの自動販売機なわけですから。

別に珍しいことでも何でもないことになっちゃいます。

ここでいう自動販売機は「ガチ自動販売機」です。
意味分かんないですか?

もう一度いいます、「ガチ自動販売機」です。

本当に何もしなくていい

を目指して頑張ろうぜってことです。
何もしなくていいんじゃないのかよ、頑張るのかよってツッコミはやめてね。

近い将来何もしなくていいように、今ちょっとがんばろうぜ

ってスタンスです。

じゃあとりあえず具体的に定義していきましょう。

 

ネット物販以外、自動販売機とはいえない

 

 

まず、
まあネットビジネスと言えど色々あるんですが、
ここでは確実性、リスク、参入障壁などを考慮した上で、

ネット物販

に絞って考えていきたいと思います。

まあここで僕がアフィリです!( ・´ー・`)ってドヤ顔してきても困りますよね。
僕も困ります。

まあ自動販売機ですからね。
物売ってなんぼなところはあります。

実態のないアフィリエイトなどは自動販売機っていうのはなんかちょっとしっくりこないですよね。
モチーフにしてるのがジュースの自販機なわけですから。

まあ自動といえば自動なんでしょうけど。

 

まだまだ自動販売機への道のりは長い

あとはネット物販のさまざまな業務をいかに自動化していくかのところです。

ざっと思いつくだけでも、

  • 出品
  • リスティング管理
  • 価格調整
  • 注文管理
  • 発注・仕入
  • 出荷
  • メール問い合わせ対応

などなどあります。

はたしてこれらを自動化することができるのか。。

ちなみに今僕の頭の中には8割がたはできてるのですが、
2割がちょっとなーっていう感じです。

それは汎用性の高いスキームを目指しているからです。

どんな販売スタイルにも対応できるものでないと、
それは優れたスキームとは言わないからです。

まあ書きながら徐々に思いついていく予定です。

ではまた次回に。

 

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

国内ECのEC化率と米国鈍化原因から見えてくるもの

ちょっと前の記事なんですが、 …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 後編

問屋無在庫販売スキームが成立す …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 前編

amazon無在庫販売というス …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です