amazonアカウントサスペンドになったときのあるべき思考回路とは

amazonのアカウントってサスペンドなるんですよね。

まあサスペンドってのは強制的に販売停止させられることね。
みんな知ってるよね。

うちは比較的止まらないことで有名(?)だったんですが、
久々に止まってしまいました。

まあご存知のとおりハワイ滞在中にw

で、そこからいかに動いていくべきなのか、
いろいろ考えながらスタッフに対応してもらってますが、
こういったところで応用力というのは試されるなあと感じます。

 

根本的に問題はどこにあるのか

まず最初に、
今回のようにamazonアカウントがサスペンドになっちゃって、
いきなりそのアカウントの売上が0になるわけです。

そうなったときにまず何が根本的に問題なのか?

を知っておく必要があります。

アカウントが止まったことなのか、
FBAにある在庫がねむってしまったことなのか、
売上が止まってしまったことなのか、
出荷の仕事が減ってしまう(あるいはなくなってしまう)ことなのか。

あくまでこれらは、
サスペンドになった副産物のように見えますが、

実はアカウントが止まったこと自体別に本来はどうでもいいことです。

それなりにアカウントに愛着があるのであれば別ですが、
特にamazon何かの場合は、「ストアを育てる」といった概念がほぼないので、
アカウントが死んでしまったことに関してはどうでもいいのです。

僕が会社名やストア名を適当につけるのもそのへんが理由です。

ストア名なんかは10秒で即行でスタッフに決めてもらったり、
会社名なんかは知ってる人も多いと思いますが、ただの某有名アニメのキャラクター名です。

ではアカウントが止まったことはどうでもいいとして、
根本的になにが問題なのか。

それはこれまでそのアカウントで売ってた商材の販路がなくなっちゃうことですね。

 

商材の販路を復活させることが最優先事項

当たり前ですが、また販売できるならそれでいいわけじゃないですか。

それまでなにか別の問題があったかは不明ですが、
またその商材を売ることができるようになるのであれば、
正直それで万事解決ですよね。

これまでいろいろな方からサスペンドに関しては相談を受けたり、
いっしょに解決に向けてがんばったりしてきました。

ですが、やはりこの根本的な問題点が分かりきってないひとも多いのではないかと思います。

販売再開

ですよ。

そこなんですよ。

であればなにをすべきなのかってすぐわかりますよね。

なんとしてでも販売開始するための販路を準備するだけの話です。

 

具体的に再販する販路を準備するとは

もちろん再販するための販路準備といってもいろいろあると思います。

でも限りある時間のなかで、
より効率よくすすめるためにはある程度同時進行も必要です。

一つは、アカウント復活へ向けて。

もちろん一番これがベストですよね。
これまで販売していたアカウントが販売再開できるのが一番理想的です。

復活できる可能性は0%ではないわけですから、
トライする価値はあります。

もう一つは、別のアカウントを準備すること。

もちろんこれには多少労力がかかります。

新規アカウントを作成したり、
名義や口座、クレカなど。

またカテゴリ申請なども必要ですし、
FBAじゃない限りカート獲得まで時間もかかります。

しんどいです。

ですが、これら2つを並行して同時進行していくのです。

 

再発防止はもちろんのこと、同じ過ちは犯さない

同じような理由でサスペンドにまたならないために、
再発防止対策は必須です。

これをナレッジとして蓄積して、必ず未来に活かしましょうぜ。

これはサスペンドとなった理由によって様々ですが、

ODR、知的財産権侵害、商標権侵害、アカウント紐付きなど、
それぞれ再発防止はできるはずです。

アカウント紐付きなどは原因の特定が難しいケースもあるかもしれません。

ですが、
何がダメかがわからなかったら、
何がOKなのかを考えましょう。

確実にOKな方法を選択していくべきです。

発想の転換です。

 

思考の段階で立ち止まることはなくなるはず

このように根本的な問題について知ることができると、
やるべきことってのはわかると思うので、思考レベルでは止まることはなくなるかなと思います。

あとはムダなこと考えないこと。

いろいろ試行錯誤してしまうと結局時間がかかってしまうので。

どうせまた売りたいんでしょ?w
じゃあとりあえず再販できるステージ作ってから考えようぜw

という感じで駆け足で書いてみましたが、
特に悩むことってないんですよね。

復活アピール&新規アカウント開始。

商材によっては新規アカは手間かかることもあるけど、
仕方ないじゃん、死んだんだからw

タイムリソースもその他コストも必要経費と思って割り切ろうぜ!

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。