EIKING禁煙します。人生初の禁煙は果たして成功するのか?

4月20日、これまではなんでもない日だったはずなんですが、
今年は違います!!

なんといっても、私EIKINGが人生で初めて禁煙を開始することとなったわけですから。

そこで今回はなぜ、
これまで一度も禁煙しようとすら思わなかった僕が、
あっさり禁煙生活をスタートさせてしまったのか。

はたまたそれがどのぐらい本気なのかという点についてお話したいと御座候。

 

そもそも禁煙のきっかけは何だったのだろうか

と、ふといろいろ考えてたんですけど、
ちょっと思い出せないーんですよね。

 

きっかけ忘れたんですけど、
とにかくタイ行く前にそう思って、

よし、じゃあタイ行く前の免税店で1カートン買って、

それを最後に禁煙しよう!

と決めたわけです。

ホントにきっかけってなんだったんでしょう。

忘れちゃいましたね。

 

禁煙したい理由はこれまでいっぱいあった

やっぱ健康第一!体力もつけたい

もう僕みたいにね、数十年吸ってるとね、
吸ってないときとの比較ができないからもはや偏見にも近いんですが、
たぶんたばこによって体力を奪われてる感は非常に多いです。

普段の生活でもそうです、
階段昇り降りとか、
ちょっと電車乗り遅れそうで走ったりとかね。

そんだけで動悸がひどかったりと。

やっぱ体って資産やん。

守りたいやん。(今更)

 

たばこの臭いは実は喫煙者も嫌いな人多い

自分で吸っといてなんやねんって話ですが、
マジでタバコの臭いっていうか、
なんて言うの、あとからなにかに着いた臭い?

が非常に嫌いです。

じゃあ吸うなよ!って話ですよね。

でも普通に部屋とか、
服とか、車とかもそうですが、
臭い着くのは最悪に嫌いです。

かなり自分勝手な意見ですが、
めっちゃ嫌です。

 

清潔感のある30代で在りたい

やっぱ喫煙者って年々減少傾向なんですよね。

特にそれは都会のほうがより顕著に現れてる気がします。

となると、
東京にいる以上僕はそういった風を浴びているわけですね。

つまりタバコすってると「逆に浮く」ことになります。
現にたまに浮いてます。

あとはやはり女の子に嫌われないためにも、

歯や口のエチケット的な意味でも、
タバコはNG系の子は多いので重要ポイントです。

 

タバコを中心に愛を叫びたくない

たばこを吸ってると、
生活の全てをたばこ中心で構成してしまいます。

例えば朝起きて1本吸って、

会社について1本吸って、

といったスケジュール的な面でもそうです。

あとは、
飲み会などのセッティングも「喫煙可」なのかは要チェックが必要。

逆に友達が「禁煙席」なんぞ予約しようものなら凹みます。

あとは喫煙所を探す旅なども無駄な時間ですね。
空港なんかでも、
最近では海外はイミグレ後の喫煙所がないところが増えてます。

たぶん日本の空港は世界で一番喫煙所多いですけどねw

 

ホントに禁煙できるの?

正直なところ、自信しかない。

できないわけがないとまで思っています。

ですがその反面、
実は禁煙自体が人生初の試みなので、
本当に思ってるほど簡単なのかどうかすらわかりません。

もしかしたら明日すでに吸ってるかもしれません。

一応昨日の様子がこんな感じでした。

とにかく行けるところまで行ってみたいと思います。

今は逆にワクワクしています。

これまで約20年以上見たことなかった世界なわけですよ、
たばこを吸わない世界っていうのは。

なので、その先にはどんな世界が広がっているのか、
というのは純粋に興味があるので、
それがわかるまでは続けたいと思います。

逆にそこにそんなメリットがなければ、
僕はもしかしたらまた吸うのかもしれませんw

まあでもトータルの話禁煙したほうがメリット多いのは理解しておきたいところ。

 

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。