amazonアカウント乗っ取り二次災害が想像以上にヤバイのなんのって

とりあえず最近話題がこれで持ちきりです。

ニュースでは北朝鮮で持ちきりですけどね。
僕らはそんなことよりもっと身近な死活問題である、amazonアカウント乗っ取りのほうが手を焼いてます。

対策については前の記事で書いたんですけど、

話題のamazonセラアカ2段階認証入れないとヤバイ説が濃厚な理由

今回はさらにホットなところなどについて共有できたらと思います。

 

amazonの介入もとうとう始まったらしい?

まあこれはどちらかといいニュースです。

amazonセラーフォーラム: アカウントを乗っ取られています

こちらのセラーフォーラムにもあるんですが、

既に注文を受けた分は、テクニカルサポートへ連絡するとAmazon側で「アカウントの乗っ取りによりキャンセルを行います」と一括で処理を行ってくれるようです。これは出店者様のご判断になりますが、自分で各購入者様に連絡を行うよりはAmazonに一任した方が、連絡の行き違いなどで余計な混乱を招かずに済むかと存じます。(個人的にお詫びを申し上げたいのでしたら、騒動が落ち着いた後が良いかもしれません)

実際に私は確認の為に乗っ取りらしいアカウントの出品者から注文を行ってみましたが、上記の通りAmazon側から「乗っ取り出品の為、キャンセルします」と事情の説明がありました。

らしいです。

まあ実際乗っ取られた場合の被害は、
最悪どうにかなるのかなという感じになってきました。

まあ良かったですね。

ただamazonはどこで判別してんのか気になりますけど。
明確に乗っ取られました!ってわかんなくね?

 

今の問題は乗っ取られた側じゃない

で、結局問題はそこじゃないんですよ。

乗っ取られたら最悪amazonが助けてくれるのわかりましたしね。
まあなんとかなるだろ。

こんだけ言ってて二段階認証入れてない君も悪い。

ってことで。

じゃなくて問題は、乗っ取られてない普通に販売してる人たちなんですよ。

ようは乗っかりアカウントのイミフ出品のせいで、
相場は大荒れです。

せどりの刈り取りツールとか1日中うなってんじゃないのか。

なんせ販売でも仕入でも問題発生しまくりです。

 

OEMも関係ない!俺たち乗っかるから!(乗っ取り野郎)

だから普通は乗っかり出品はされないようなOEM商材とかあるじゃないですか。

あのあたりも軒並み乗っかられてるんですよ。

で安く出されるからそっちから買うじゃん。
まあ送られないんだけど。

そしたら本家売上落ちるじゃん。

田中さんもオコです。

ようは、カス垢ならカート取られることないけど、
まあまあな垢だとカート取られたりするわけですよ。

誰得www

ココだけ見たらマジ誰得ですよね。

 

購入(仕入)でも問題。キャンセルされまくる!

逆にamazonで買うじゃないですか。

普通に安いやつ買うじゃないですか。

そしたら軒並みキャンセルされるんです。

だって乗っ取られてるからw

まあ仕方ないんですけどね。
よく見たらだいたい乗っ取られやな、ってのはわかるんですけど、
その判別もまあまあめんどくさいですよね。

FBAだったらまず間違いないんですけど、
明らかに安かったらやっぱそっちから買いたいじゃないですか。

でもそういうのだいたい乗っ取られなので。

 

乗っ取り対策はあってもこれらの解決策は今んとこない

乗っ取られ対策はもう大丈夫でしょう。

いろんなとこで記事になってますし、
心配なかたはこちらの天才の記事でも参考にしておけばOKです。

【緊急】Amazonセラーアカウント乗っ取り対策について

ということで、
とりあえず嵐が去るのを待つしかないのかなと言った感じです。

amazonもこれはだいぶ問題視してるはずですからね。

ということで、
乗っ取り対策も万全!というのであれば、

あとは嵐がすぎるのをしばし待ちましょう。。

そういつまでも続くはずないと思うので。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。