amazon欧州にとうとうVAT最終警告!?VAT未登録による強制BAN多発でオワコン化?

とうとうというか、
まあでも確定ってわけではないのですが欧州VATに関しての新たな情報が入ってきたので共有しておきます。

あくまでうちのアカウントでの実経験ではないので参考程度にどうぞ。

とにかく以前から「どうする?」と話題になっていたVAT問題。

今回はその選択肢を決定づけるような内容ですね。

 

VAT問題ってそもそも何やねんな人

まあそこまでいないと思うんですけど、
実際僕が把握している範囲で共有しておきます。

ちゃうで!って意見があったらこっそり教えてね。

そもそもVATってのはいわゆる付加価値税(消費税)で、
僕らがコンビニで100円の物買って108円払ってるのと同じように、
ヨーロッパでも各国ごとで20%とかいう消費税がのってるんですよね。

でそれって、結局売り手が受け取ってるわけだから、
売り手が納めないといけないですよね。

でも俺らやってないじゃん?

大丈夫なん?

みたいなところです。

「過去の売上の20%耳揃えてもってこいコラ。」

ってイギリス税務当局とかから言われたらヤバない?

というところです。
ヤバイとかじゃない、夜逃げするレベル。

 

VAT問題に対してのみなさんの動き

そこで意見別れてたんですよね。

  1. 俺はとにかく今売れるんだから売りまくる!!VAT知らん!
  2. これまでは仕方ないから別法人たててVAT番号取得して今後ちゃんと納税する!
  3. もうやらん!やだ!VAT高い!
  4. 騒ぐな、そもそも問題と思ってない。

とか。

まあ1とかも結構多いですけどね、周り聞いてるとw

でももちろん2の人も多いです。
こんなひとが真っ当ですよね。今後も欧州販売を続けるなら一番正当な選択です。

3はあれっすね、うちっすねw
めんどくさい組ですw

4は情報弱者っすね。
まあそこまで売上ないと思うので問題ないっていう見解はあってる。

 

今回の問題はそもそも何を意味するのか

で、今回なにが起き始めてるかというと、
VAT登録してないセラーがサスペンドされ始めている

ということです。

まあつまり1で張り切ってた人たちが、オワコン化する可能性がほぼ100%にあがってきた感じです。

さらに、完全にUK tax authority, Her Majesty’s Revenue and Customs (HMRC)などからamazonへ通知が行ってるということは完全に存在把握されてるってことなので、

遠回しに、

お前ら追わえよう思ったら行けるんじゃけぇのぉ!!!!(広島弁)

と言ってるようなもんですよね。
英語ですけど絶対広島弁だと思うんですよ、彼ら。

だから今後はVAT登録しないとたぶん売れなくなるよってのはもちろん。

加えて、ホントにUKの税務当局側とamazonは割りとガチでマブだってことです。

まあ知ってましたけど。

 

というわけで今後どうすればいいの?

まあタイトルではオワコン化って書いたんですけど、
実はこれ大大大チャンスなんですよ。

てかすでにVAT登録して販売してるひとなんかからすると、ウッヒョーものなぐらいです。

だって、
VAT納付なしでLCCも格安SIMもビックリの激安価格で販売してたセラーが根こそぎいなくなるんですからね。

そこはもう本当のブルーオシャーン(あえて)ですよ。

なので欧州で販売継続したいひとはVAT取得してください。

ほんでさっさと販売再開してください。

そしてソッコーで知的財産権侵害でサスペンドなってくださいw

VATとってもそこの問題はいつまでも付き纏うので、
VAT登録するのはいいけど、そこの解決策準備してからのほうがいいですね。

VAT登録してサスペンドになると、
そのVAT番号はおろか、その法人すら灰となりますからねw

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。