Chatworkに物申す!そもそものプラン編成が悪いせいで俺の起業時代からの思い出が抹消された経緯

とりあえず今回はいちヘビーユーザーとしてどうしても世間に声を大にして言っておきたいことがあるので記事にしました。

まあChatworkヘビーユーズしてたのはほんと2年前ぐらいまでの話で、
それ以降、ずっと社内では以前から言ってますがTelegramを使用しています。

でも継続して使ってたのは、
やっぱり社外で連絡取り合うひとで使ってる人が多いからってのが理由です。

今回踏み切るに至った、

5年弱の思い出とのサヨナラ

について、思う点があったので綴ってみたいと思います。

 

何が原因でそもそもChatworkの思い出とおさらばする羽目になったのか

簡単になぜ5年弱の思い出とサヨナラすることになったのかというと、
Chatworkではプランのダウングレードができないからです。

うちも以前は社内でもChatworkを使ってたので、
個人でやってた時代の「パーソナル」アカウントから「ビジネス」アカウントに移行したんですね。

いちいち個別でアカウント作成してもらうのもめんどいし、
社内でユーザ管理できるしってことで。

でもこの時知らなかったのは、

  • ビジネスアカウントは最低5ユーザ必要
  • 「ビジネス」→「パーソナル」への移行はできない

という点でした。

最低5ユーザってのはまあ別にいいんですけど、
まさかパーソナルへ移行できないなんて、そんな変なことあるだなんて思ってもみなかったわけです。

というか一応そういった注意書きがあったのなら読んだと思うんですけど、
そのときはChatwork全盛期(僕の中で)だったので、
まあChatworkやめることはないだろうと思ってたはずです。

しかし今となっては社内でChatwork使ってるのは僕と、あと2人ぐらいです。

社外のChatwork使ってるひととやりとりするぐらいですね。

なので最低ユーザの5人も使ってないし、
そもそも年間で2万以上払ってるので、マジで意味ないし、
パーソナルで十分なわけです。

しかしパーソナルへの移行はできない以上、
解約して再度新規登録しないといけないわけですね。

 

悪いのは他人にもマジで迷惑がめっちゃかかること

いや別にいいんですよ、
僕だけがめんどいだけなら。

そう何回もするわけでもないし、一回めんどいことすればいいだけなのであれば。

でもコンタクト申請とかも再度承認とかみんなにしてもらわないといけないし、
個別チャットは過去の履歴見れなくなるから、
相手との情報の共有状況の把握がしにくくなります。

プラン変更時にデータは引き継がれますか?

こちらから何かしらのアクションで再度旧個別チャットを復活できるならいいんですけど、
復活させるためには相手に再度そのチャットルームに招待して貰う必要があります。

ってことは、
相手先(最悪の場合顧客やクライアントなど)に動いてもらわないとどうしようもないわけですよ。

そんなのってサービスとしてどうなのって感じですよね。

 

Chatworkのダウングレードできない理由

ヘルプページには、Chatwork社がダウングレード対応していない理由として、

データの引き継ぎができない理由は、退会後も組織の情報を外部に持ち出せる状況ですと、
社内情報が外部に流出する、といった情報漏洩などが発生しそのことを防ぐためとなります。

と書いてあります。

いかにも的な事書いてますけど、
別に管理者権限ぐらい良くね?って思います。

それに解約後にルームに再度招待されたら情報持ち出せるんならいっしょじゃんって思います。

これってなんか本当の理由っていうか、
そもそものプラン編成が破綻してんじゃねって感じですよね。

ビジネスプランに移行した親アカウントぐらい、
パーソナルに変更できないと使い勝手悪すぎな気がします。

 

Chatworkのメリットってそもそもなんなの?

てか今になってですけど、メリットってなんなんだろ。

みんなが使ってる

以外のメリットが見当たらないんですよね。

Facebookメッセンジャーで全然代替できるし、
同類系有料ツールならSlackのほうが機能も豊富やしね。

使用頻度少ない僕からすればただメモリ食うだけのお荷物にしかなってないです。

 

パーソナルに移行したものの、夢は脱Chatwork

一応社外の方たちとのやりとりはChatworkが多いので、
一旦はパーソナルで新規アカウント作成しました。

けどいずれはもうやめたいですよ。

誰か先陣切ってSlackとかに移行してくれんかなw

まあSlackうち使ってないからあんま意味ないけどw

とにかくこれまでの起業時代からのいろんなやりとり、
全て抹殺されました。

抹殺したくなかったら意味不明に年間2万払えってことですからね。
さすがに意味不明に年間2万もは払いたくないです。

ということで、
Chatworkでプラン変更しようとしてる人は割りと覚悟してから移行することをおすすめします。

 

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。