為替円転のベストなタイミングはいつ?お前らはFXの才能でもあるのか?

USDからJPYに円転するタイミングって悩みますよね。

ん?

悩むか?

でもどうやら為替がいいときを狙って、
円転してる人も多いみたいです。

果たしてそれって正解なのか?

と思ったので記事にしてみました。

 

海外amazonでの基本的なキャッシュの流れ

amazonにて受注(オーダー確定)

とりあえずこの受注の段階では、
お金はamazonが持ってます。

セラーセントラル上にもまだ残高として加算されてませんね。

なので受注したタイミングでは特になにも決定されていません。

円建てでの売上金額も確定してないわけです。

 

amazonセラーセントラルで出荷通知完了

すなわちステータスが「Shipped」出荷完了となったとこで、
ようやくセラーセントラル上の残高に、
その注文の売上が加算されます。

FBAもそうだっけかな。

FBAもamazonが出荷して、
始めて売上がセラーセントラル残高に加算されます。

ここでとりあえずUSDでの入金はほぼ確です。

 

2週間毎の出金

amazonセラーセントラル上に貯まっていった残高が、
約2週間毎に、登録している銀行口座に振り込まれます。

この銀行口座は基本的に、
Payoneerとかそのあたりで登録してるセラーが多いかと思います。

PayoneerではまだUSDです。

この段階でもまだ円建てでの売上金額は確定してないのです。

 

Payoneerから送金依頼を実施

送金依頼をかけることで、
Payoneer口座にあるUSD残高を国内の自社銀行へ送金手配することができます。

このときに為替が確定すると同時に、
Payoneer手数料も減算されて日本円となって入金されます。

ちなみにPayoneerは海外送金ではなく、
まるで地下銀行のごとく、
日本国内銀行から「振込」をしてくれます。

 

販売時と円転確定時のタイムラグ

販売時に想定していた為替レート

じゃあ考えてみましょう。

実際販売時に想定していたレートっていくらでしょうか。

おそらく、無在庫にしろFBAにしろ、
日々価格の改定を行なっていることと思うんですけど、
いつのレートを想定してるんでしょうか?

誰もがそうだと思うんですが、
それは過去ではなく未来のレートだと思います。

だってその商品が売れるのは確実に未来ですからねw

 

どうあがいても不確実性の高いもの

でもじゃあ仮に2週間後の円転時の為替レートがわかるでしょうか?

わかんないですよねw

誰もわかんないでしょうよw

だからそもそも無理なんですよ、
円転時のレートを想定するのは。

だから妥協点として、
その価格改定を行うときのリアルタイムレートが価格改定の参考レートにするのがベターなわけです。

まだ一番未来に近いからね。

 

円転確定時が唯一裁量を入れることができるポイント

販売時には自分で為替を選ぶことはできませんでしたね。

だっていつ売れるかわかんないし、
そもそも通貨のように変動性のあるものを売ってるわけでもなく、
モノ(商品)を売ってるわけですから、
そこに自由はありません。

でも、
USD売上を「いつ」円転するか、
これは実は選べるんですね〜。

自分で送金手配するタイミングを選べるわけですから。

 

高いレートを選択できるのか?

で、そのレートを見ながら円転を行ってるセラーに聞きたいのは、
そもそもその通貨(ここでいうUSDか)が割高なときってわかるもんなんでしょうか?

ほぼ同じぐらいの確率で販売時の想定レートより下がる可能性もあるのに。

すなわち、
そこにギャンブル要素を加えちゃってるんですよ。

ちゃんと頑張って物販で正当な売上を挙げたにもかかわらず、
そんな大事なお金を使って、ワンチャン賭け事を行ったのちに円転してることになるわけです。

これだと正確な利益率というのははかれませんよね。

そのへんの現金商売の店主が、
売上金持ってパチ屋に直行するのとそう変わんないんじゃないでしょうか。

 

選択肢はただ一つスーパーシンプル

しかし、それに気づいたひともなにも迷う必要はないです。

なにが人をそうさせるのかって、

それができる環境にあるから欲が出ちゃう。

からなんですよ。

だったら、ハナからそんな選択肢なくしてしまえばいいわけです。

Payoneerついに自動送金サービススタート、煩わしい作業が激減

2016.12.19


こちらの記事でも紹介しましたけど、
もう自動送金にしてしまえばいいんですよ。

amazonからの入金がamazonのさじ加減なのと同じように、
送金(円転)タイミングを自動化してしまうわけです。

そうすると裁量入れるポイントがなくなるので、
より本質に伴ったビジネスをすることができるはずです。

 

気持ちはわかるけどね

まあそうしたくなる気持ちはわからんでもないんですよ。

ちょっとでも利益を上げたいですからね。

でも逆に円高方面へ下がったらどうしますか?

販売時に想定していた為替レートよりはるか下に下がる可能性もあるわけですよ。
待つんですか?

塩漬けですか?

円の支払あるんじゃないですか?

一番、販売時に設定した想定為替レートに近い可能性がある、円転タイミングっていつかわかりますか?

ASAP(天和なみのソク)、つまり可能な限り早くだよ。

 

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。