メルカリアカウント不正作成で逮捕者!揺れるメルカリ転売業界

ということでとうとう逮捕者が出ましたね。

ホットなニュースたまにはお届けしようかなと思って。

アカウント不正作成2人逮捕 2千万円荒稼ぎか

ヤフオクとかで普通に売られてたので、
もちろんだいぶ前から認識はあったはずなんですけどね。

見せしめでしょうか。

そして事件からパッタリとヤフオクでのメルカリアカウントは消え失せましたw

一体、今後メルカリ転売業界はどうなっていくのか?

いや、別にそこはどうでもいいんですけど、
このアカウント不正作成ってのはどこまでが違法なのか?

ってところに興味があります。

 

私電磁的記録不正作出・同供用容疑

他人事なのか、それとも気にしたほうがいいのか

そもそもこの私電磁的記録不正作出・同供用容疑って聞き慣れないんですけど。

なんなんでしょう。

私電磁的記録不正作出・同供用容疑 参照

(電磁的記録不正作出及び供用)

161条の2第1項 人の事務処理を誤らせる目的で,その事務処理の用に供する権利,義務又は事実証明に関する電磁的記録を不正に作った者

→ 5年以下の懲役又は50万円以下の罰金

 

うーん、わからんw

まあでも簡単にいうと、文書偽造の電子版みたいな感じの模様。

問題なのはこの「供用」のほうですね。

3項 不正に作られた権利,義務又は事実証明に関する電磁的記録を,第1項の目的で,人の事務処理の用に供した者

→ その電磁的記録を不正に作った者と同一の刑

(私電磁的記録:5年以下の懲役又は50万円以下の罰金

公電磁的記録:10年以下の懲役又は100万円以下の罰金)

 

つまりは、不正作出されたものを供用した者、も罪なわけです。

まあ今回の例でいうと、メルカリアカウント買って、
それを使ってメルカリで販売してたらアウトってことですよね。

 

他に起きた過去の例など

最近でいうと、ポケモンの改造などもこの罪になってたようですね。

『ポケモン』の改造・販売が犯罪/違法な理由(逮捕者続々)|警察・弁護士らの見解&過去の判例と考察

この辺はちょっとまた物販の話ではなくて、
RMTになります。

RMTもどこまでがグレーなのかは知らないですけど。。

 

 

この事件が与える業界への影響

メルカリ転売はオワコン?

普通に1アカウントとかで運営するなら問題ないはずです。

ただ、ほぼほぼのメルカリ転売勢はアカウントを複数ぶん回す体で動いてたことだと思います。

だってすぐBANされますからねw

そもそもC2C市場として展開してきたメルカリ。

もとから業者排除の動きは大きかったんですけどね。

今回のはメルカリが動いたのか?は不明ですけど、
どちらにしろ息の長い業界ではないと思います。(転売はね)

メルカリ自体は今後も成長するとは思いますけど。

ただC2Cにこだわった手数料商売ってどこまでいくのかな?というのも気になりますが。

 

アカウント売買自体がそもそもダメ?

話を戻して、

人の事務処理を誤らせる目的で,その事務処理の用に供する権利,義務又は事実証明に関する電磁的記録を不正に作った者

の内容について掘り下げてみたいんですけど。

まあ僕は法律については詳しくないので勝手な見解です。

まず、

人の事務処理を誤らせる

ってのはおそらく、まあ飛ばしかなんか知んないけど、
適当なSIM使ってアカウント作成して偽名登録すること自体がメルカリ(人)の事務処理を誤らせてるってことですよね。

次に、

その事務処理の用に供する権利,義務又は事実証明に関する電磁的記録

この電磁的記録ってのがアカウントで、
権利などがアカウントにログインしてメルカリで売買できる権利ですね。

まあそもそも本人認証のためにSMS認証してるのに、
それを不正SIMで認証して別の人に売るのはダメだぜってことですよね。

 

何がダメでどこまでがOKなのか

とにかく僕が思うに、
本来は一般的に許されてないことはNGだと思うんですよw

ただ、たとえばじゃあamazonなどの販売者アカウントを量産するのも違法なのか?

と言われるとそれは知らないです。

が、
「運用代行」という捉え方をすると、
別に問題ないんじゃないかなとも思います。

もちろん、そのあたりのキャッシュフローの流れが目的に沿ってればの話ですけどね。

なので基本アカウントの複製はだめ。

でも間接的に自社で複数運営してても、
それは問題ないはずですよね。

だってそのためにセラセンだってユーザ権限の付与などができるようになってるわけですから。

 

今後のプラットフォームでの販売について

ということで、
足らぬ頭で振り絞りつついろいろ考えてみたわけですがw

まず今回の件については、
うちは特にメルカリ触ってすらないので関係ないっちゃないです。

でも、
同じようなプラットフォームで販売している以上、
他人事ではないような気はしています。

もしかしたらみんな気づいてないけど、
どこかで同じような違法行為をしているのかもしれません。

アカウント不正作成2人逮捕 2千万円荒稼ぎか

両容疑者はアカウントを複数作成したことを認めているが、永井容疑者は「違法とは思わなかった」と供述しているという。

 

と言ってますしw

なのでこのあたりは、
基本的には弁護士などに相談しつつ、
もちろん法に則ったビジネススキームを組んでいきたいところです。

そうすれば、別にプラットフォームの販売は怖くないです。

そっちの意味ではw

プラットフォーム主は怖いですけどねw

 

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。