【ebay輸出】FileExchange問題解決!そしてBusiness Policyがクソ便利なことを知る

先日の解決できなかった問題が、
有志によるコメントによりほぼ解決しました。

【ebay輸出】FileExchangeを2年ぶりぐらい触ったら発生した7つの問題と5つの解決策

2017.07.03

ありがとうございました。

くっそ助かりました。

今回はそんな解決できなかった2点のソリューションと、
その他FileExchangeを深掘りしていく上で見つけたBusiness Policyについてシェアりたいと思います。

 

ようやく解決できた!2つの問題点

Item SpecificsのMPNとBrand表示

これは僕が完全にFile ExchangeのAdvanced Instructionをちゃんと読んでないだけでした。

すいません。。

というか紛らわしいですよねw

僕が、

  • Product:MPN
  • Product:Brand

で反映されねえ!

と言ってたのが実は正解は、

  • C:MPN
  • C:Brand

だったというw

いや言い訳いうと、これAdvanced Instructionの説明には全てのItem Specificsを省略して、

  • C:<item specific name>

って書いてるんですよ。

むずいわ。

 

検索結果のFree Shipping表記

これは、自分自身のロケーション設定にもよるのでは?

という推測もあったのですが、
ではなぜ自分のリスティングと他の日本人セラーとで表記違いがあるんや?

と思っていろいろ設定見直しとかしてみたんですけど、
結局、送料設定をこれから説明するBusiness Policyを使って設定すると解決できました。

なので原因は不明です。

FileExchangeで直接DomesticとInternationalの送料設定をすると、
表示できませんでした。

なので、検索結果で「International Free Shipping」を表示したいけどできない!

って場合は、
これから説明する、Business Policyで送料設定を行ってみてくださいな。

 

今まで知らなかったeBay Business Policy

とりあえずOpt Inしないと使えない

とりあえずFileExchangeといっしょで、
Opt Inしないと使えません。

こちらのヘルプページを参考にしてOpt Inしましょう。

 

Business Policyはテンプレート群

Business Policyは一体なんなのか。

簡単にいうとテンプレートです。

支払・返品・配送送料関連のルールをテンプレ化して、
それを簡単に呼び出せるって感じです。

Opt Inしたら、Manage your business policiesから管理できます。

 

支払関連のPayment Policy

この一番上のPolicy NameをFileExchangeで指定して、
支払関連の設定を行うことができます。

 

返品関連のReturn Policy

返品ポリシーも同様です。

 

送料関連のShipping Policy

この送料設定が一番キモです。

支払とか返品はそんなにいろいろルール作ることないと思いますが、
送料テーブルは、商品によって複数あったほうが便利ですよね。

Domestic Shipping

うちの場合は、Domestic(まあ米国のことな)は、

  1. Economy Shipping from outside US
  2. Expedited Shipping from outside US

の二本立てでお送りしたいと思います。

シンプルにね。
これは前からそう。

 

International Shipping

次にInternational(US以外)の送料設定です。

実はこの最下部にあるShipping rate tablesを使うと、
より細かい国ごとの送料設定が可能なんですが、

  • めんどくさい

のと、

  • 2つのShipping rate tableを使い分けできない

ので使うのはやめました。

こちらもちなみに、ごちゃごちゃしてますが、

  1. Economy International Shipping
  2. Expedited International Shipping

の豪華二本立てでお送りします。

 

あと、日本人に買われたらウザいので、
日本は除外しておきませう。

 

Business PolicyでFileExchangeが楽になる!

カラム数激減

さてそんな感じで、
Business Policyを作成しておきます。

すると、FileExchangeの必要カラム数が大幅に削減でいます。

すっきりです。

支払・返品・配送送料関連のカラム全削除して、

  1. PaymentProfileName (Payment Policy)
  2. ReturnProfileName (Return Policy)
  3. ShippingProfileName (Shipping Policy)

で、
先程のPolicy Nameを指定すれば完了なわけです。

 

SKU別での送料設定が楽

これができると、何が良いって、

  • ShippingProfileName

を複数作って、
商品によって切り替えるだけで、
送料設定を簡単に変更することができるわけです。

これまでは、各エリアごとの送料を全て書き換えてたので、
その手間のなくなり具合はプライスレスです。

てかなんで昔気づかんかったんやろ。。

まあ成長したってことやな。(ポジティブ)

 

リチウムイオン用送料設定とかもできる

うちはまだそこまでやりこんでないですが、
やろうと思えば、Exclude shipping locationsで、
リチウムイオン対応してない国を追加したShipping Policyを作成しておきます。

すると、
リチウムイオン内蔵商品の場合、
そのShipping Policy(例えばShipping_liionなど)を作成しておけば、

簡単にその送れない国を省いた送料設定を適応させることができます。

まあ去年からamazonも似たようなことできるようになりましたけども。

eBayはもっと前からできてたってことですね。
知らないって罪ですね。

 

でもamazonよりeBayのほうが送料設定の自由度高い

amazonのダメなところは、

Standard Shippingが必須なところです。

実際、EMSやクーリエ便でしか送れない商品あるじゃないですか。
それらも結局Standard Shippingで販売になるのってちょっと損ですよね。

もっとアピールしたいですよね。

でも、eBayだと「Expedited Shippingのみ」とかできます。

なので、ExpeditedでFree Shipping!とかでアピールしやすいわけです。

 

今回FileExchange久々に深掘りしていて

まあーやってみて。

知らないこと多いな―と思いました。

しかもやってない2年で変わったことよりも、
それ以前からあって、知らなかったことのほうが多いという。

これはやはり勉強不足ですね。

痛感しました。

罰として、Gear VRが届いたので、
それ付けたまま電車が通る寸前の線路を横断してきます。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。