【義烏】中国輸入代行淘太郎の新事務所にようやく潜入してきました

7/12~7/15の短い間ですが、
約1年ぶりに中国浙江省は義烏市を訪れました。

相変わらずの猛暑ぶりにぶっ倒れそうになりましたが、
当初の予定していた物流の見直しができて、解決策もほぼほぼ決まってきたので収穫はあったかと。

で、去年から新しくなった淘太郎の新配送拠点にまだ行ったことなかったので
行ってきました。

ま、行ったことない人もいると思うので、
シェアっときますわ。

 

淘太郎の新配送拠点

どんどんでかくなる淘太郎事務所

今の淘太郎事務所の前までにおそらく4回ぐらい引っ越してると思うんですが、
だいたい行ったことあるんですよ。

で、徐々に大きくなっていって、
前回のとこもまあまあデカかったんですが、
さらにでかくなってました。

一部、別の代行業者や一つの会社が間借りしてたりするんですが、
1〜4階全部です。

でけえな。

てか暑いわ。

1階では検品や輸出商品の展示してました。

あと奥のほうは、かの大物セラーが1社で間借りして陣取ってました。。
規模半端ないなあいつ。。

 

涼しそうなオフィス

上に上がるとオフィススペースもありました。

この中はめっちゃ涼しい。まるでオアシス。

てかやっぱ広い事務所っていいよね。
それだけでいいよね。

 

配送業務スペースと倉庫

メインの配送スペースは4階でした。

入庫や検品作業、返品処理など、
慌ただしそうにみなさん働いてました。

こちら業務用エレベーターです。

4階まで手で運ぶわけないですよね。
そんなのやってらんないですからね。

こちらで4階まで運搬され、出荷されるものがここから出されていきます。

午前中に行ったんですが、
本日出荷されるものがどんどん詰められてました。

このテープの使いっぷりは中国ならでは。

 

発火する可能性がある電池などは専用のゴミ箱があるようです。

まあアスクルみたいなことになったら最悪ですからね。

とにかく荷物がありまくりなんですが、

やっぱこれを管理するのって相当大変だと思うんですよ。

到着するものも整合性取らなきゃいけないし、
日本では気にしなくていいことが中国ではいっぱいある。

保管スペースも棚番で管理され、
入庫したものがどこにあるかはすぐに分かるようになってました。

 

 

検針機初めてみた

こちらアパレルの検針機です。

なんか異物とか混入してたときに感知できるものです。
めっちゃちっちゃい異物でも反応してました。

 

商品撮影専用スペース

商品撮影のスペースもありました。

1枚8元で撮影してくれるみたいです。

配送拠点にあるのはいいですよね。
いちいち撮影で、撮影会社へ送りつける必要もないので。

クオリティもまあまあ良いらしいので一回使ってみようと思いま。

 

番外編:社員食堂

昼になったので食堂にもお邪魔しました。

長蛇の列です。

この日はなぜか以上に列が長かったらしい。
東京の丸亀製麺ですらここまで並ばんぞ!

普通にうまかったし。

 

レンタルオフィスと配送代行どっちがいい?

イーウーパスポートとかもありますけど、
淘太郎もレンタルオフィスやってます。

で、うちもこの新事務所ではないんですが、
福田2区近くのほうの淘太郎事務所で間借りさせてもらって、
専属社員置いてます。

結局その子に何させるかなんですけど、
発注や転送だけなら、淘太郎の配送代行使ったほうがいいんじゃないかという結論です。

またその理由は別記事で書きたいですが。

でも市場や工場などに足を運んでもらったり、
淘太郎で対応しにくいような仕事が多い場合などは、

レンタルオフィス借りて専属社員を常駐させるのがいいのかもしれません。

一概には言えないのでまたまとめるわーん。

 

淘太郎の新事務所まとめ

ということで、駆け足ですが淘太郎の新事務所レポートでした。

思ってたよりデカくてキレイで良かったです。

あと思ってたより暑くて死にそうでした。

行ってみないとわかんないことって多いと思うんですよ。

なんか一部外注とかならいいんですけど(商品登録とか)、
実際の業務フローに深く関わる外注の場合、

やっぱ現場見てわかること、
見えてくるソリューション、

あると思います。

輸出も最近大変だなーって話をよく周りでも聞きます。

中国輸入を始めようかってひとも多いですね。

代行どこ使おうか悩んでる人は、淘太郎オススメです。
なんだかんだ融通きかせてくれます。

ただし、義烏行ったら白酒飲まされるから気をつけるように!w

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

2 件のコメント

  • 偶然たどり着きました。
    私1年ほど中国輸入やってるものです。タオタロウ様のサービスも少し利用させていただいております。
    オフィスの紹介、楽しく拝見させていただきました。私もこのように大きな事務所を中国内に設置したいものです・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。