微信支付(Wechat Pay)が便利すぎて、誇張抜きで中国は現金いらない説

今回中国行って、一番衝撃だったのは「マジで現金がいらなかった」ことです。

あまりにもWechat Payの衝撃が強かったので、
初日から日本酒でリバースしてしまったほどです。(関係ない)

日本はいつまでたっても現金商売ですよね。

その辺のカルチャーの違いを適当にシェアしたいと思います。

 

微信支付(Wechat Pay)って誰でも使えるのか

結論からいうとWechat Pay、使おうと思ったら使えます。

ただし条件があって、

  • 中国大陸の銀行口座を持っているか
  • 対面チャージwww

のどちらかが必要です。

日本のクレカで認証はできるけど、チャージはできないんだな。

対面チャージについては、こちらの記事の最後の方参考にしてみてくださいな。

中国に住んでない僕らが WeChat Pay を有効化して使う方法 (中国大陸の銀行口座不要)

ちなみに僕は中国銀行と中国工商銀行の口座があるので、
そこに金いれとけば、いつでもWechat Payにチャージできます。

しかもチャージも0.5秒ぐらいで完結します。

ウサインボルトばりに早い。

 

微信支付(Wechat Pay)は何にでも使える?

飲食店はもちろんのことですが、
タクシーや個人間での送金など、Wechat Payはいろいろできます。

マネロン的な問題はよくわかんないのですが、
まあそこまで自由でええのんかというぐらい自由に送受信できます。

個人間でもすぐ送金ができるので、
食いっぱぐれされにくいですねw

なんだかんだ、

「ここはとりあえず払っときますね!あとでください」

と言ってみたら、
そのまま忘れたふりして食いっぱぐれる人たまにいるじゃんw

ああいうやつらに、ソッコーで「Wechat Payで送れよ」って言えるのでいいですねw
日本でも使えたらいいのに。

 

微信支付(Wechat Pay)はどこでも使える

とりあえず中国では使えないとこなかったんじゃないかな。

唯一、淘太郎の和田さんが、「社員食堂は使えない」と言ってたんですが、
行ってみたらAlipayWechat Payに対応してましたw

ということで、今回訪れた飲食店や乗ったタクシー、
その他いろいろとお金を使いましたが、

使えないところはなかったように思います。

こんなちっちゃいコーヒー屋さんでも普通にWechat Payあります。

先日の記事であげた、
小汚いもっとちっちゃなお店でも普通に対応してます。

日本じゃ考えらんないですよね。。

 

なんで逆に日本ではLINE PAY流行ってない?

まあくっそほどめんどくさい現金払いを好む日本人の理由って、2つしかないんですよね。

  • キャッシュフロー
  • 脱税

です。

僕らはネット系なのであまり現金商売馴染みない人も多いかもしれませんが、
結構上記の点は多いです。

深掘りはしませんけど。

ただ、店が対応したところでそこまで流行んない気もしますね。

電子マネーでコンビニで払ってる人すらそんないないですからね。

みんなどんだけ小銭好きなんだよ。

ちなみに僕は小銭受け取ったらすぐ事務所の引き出し、
もしくは家の専用コップに貯めてます。

重たいから持ち歩きたくないんですよね。

で、ある程度たまったところで、銀行に持ってって両替してもらってます。(誰かに)

 

とにかく中国行くなら絶対Activateしとけ

ということで、結論、中国なにかしら用事で行くなら絶対Wechat Pay使えるようにするのをオススメします。

確か、中国の銀行口座作るためには、

  • 中国SIM
  • パスポート

が必要なはずです。

で銀行口座ができたら、ある程度中国元を入れておけば、
そこからWechatでチャージして使用できるようになります。

このくだりは一人でやろうと思うと大変かもしれませんが、
よく中国行くようになるならやっとくべきですね。

まあAlipayでもええけど。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。