Skype常時接続導入により松山-渋谷事務所間のコミュニケーションが向上した気がする

2週間ほど前より、Skype常時接続にて松山本社と渋谷事務所間を常時接続しました。

数日体感してみて、
どんな感じだったのかいろいろとシェアしたいと思います。

今の時代、うちみたいに複数事務所間で会社やってる人も多いと思います。

常時接続導入しようと思ってるけど、どないやねんとか思ってる人も多いと思うので、
何かしらの参考になれば幸いです。

 

Skype常時接続環境の構築をする

常時接続にオススメのWebカメラ

カメラ何個か試したんですけど、
オススメはこちらのWebカメラです。

 

なんでオススメかというと、広角なんですよ。

実は普通のWebカメラだとマジで事務所の一部しか映りませんw

なので、広角はもはや必須かも。
広角なくして常時接続あらず。

 

モニターはモニターアーム設置がよき

モニターも、どっか棚に据え置きでもいいんですが、
オススメはモニターアームです。

 

うちはこれ買いました。

なぜならディスプレイの高さや角度を調整しやすいからです。

実際設置してみて、

いやー見づらいなー

もうちょっと下むいたらええのになー

と思うことは、設置してみないとわかりません。
なので自由度の高いモニターアームがいいですぜ。

ちなみにモニターもモニターアーム設置できるネジ穴があることを確認しておくこと。

これ、ないやつあるので。

 

PCスペックはちょっとあったほうがいい

あと、普通にPCであればなんでもいいんですけど、
できればスペックがそれなりのほうがいいです。

だれかが使ってるPCのマルチディスプレイとして、でもいいんですけど。

うちはSkype用に余ってたノートPC使ってます。

ただ、クソみたいな数年前のPCなので、
ちょっともたつきます。

これについては後ほど。

 

Skype常時接続してみて良かったこと

視覚的情報が入ってくる

普段、事務所間のメンバーがコミュニケーション取る時は、
個別でSkypeでのビデオ通話を行ってます。

これは常時接続してからもそうしてます。

個別Skypeのほうをイヤホンにしておけばハウリング防止にはなります。

それと別で常時接続があると、
個別でSkype発信しなくてもいろんな情報が入ってきますよね。

あ、あいつ出社したわ。

なんか変な営業きたな。

などなど。

別に把握しなくてもいいといえばいいんですが、
そこに見えているというだけで、なんか安心感はあります。

 

どうでもいいコミュニケーションができる

個別Skypeつなぐほどでもないコミュニケーションが産まれます。

あたかも同じ事務所にいるかのような感覚で。

これって実はまあまあ大事で、
なんかおもろいことあったときとか、
共有する相手がいるほうがおもろさ二倍になったりしますからね。

こないだは、うちの祖母(セキ子)が松山本社にスイカを差し入れに来てました。

そこでセキ子ともSkypeでコミュニケーションが取れました。
こういうのはいいですよね。

セキ子、作ってるのはみかんだけじゃないんですよ。

 

Skype常時接続してみて悪かったとこ

雑音がうるさい

これはマイクの音を小さめにすれば解決します。

けど、普段ちょっとしたコミュニケーションを取るためぐらいの音量にしておくと、
やはり雑音が入ったりしますね。

飛行機のエンジン音とか。

松山本社は空港近いので、
飛行機がまあまあ低空の上空を飛びます。

まあそれはお互い様なので別にいいんですけど、
常時接続無いときと比べたらちょっとにぎやかです。

 

映像が途切れる事が多い

これはおそらくPCスペックに依存してます。

個別Skypeではそれほど途切れたりしないので。

なので、Skype常時接続に対しての悪かったことではなく、
ただ単にこのPCを献上してきた兵頭に対してのクレームです。

これに関しては別PCが余るので来月解決予定。

 

結果、Skype常時接続はあり?

うだうだ言ってきましたが結局どないやねん。

というところです。

僕個人的には普通にありです。

単純に事務所拡張したぐらいの感覚になります。

映像である以上、目と耳でのコミュニケーションになるので、
臭いやタッチでのコミュニケーションはできません。

お前屁こいたやろ!くっさー!

みたいなのは共有できないので残念です。

ですが仕事する上では特にそのへんは要らない、
というか屁の臭いなんかないほうが捗るので逆にいいのではないでしょうかw

ちなみに、来月には本社の配送拠点側も接続して、
三拠点接続を試みる予定です。

ディスプレイ的に2枚のほうがいいのか?

とも思ったりしますが、とりあえずトライしてまたシェアしたいと思います。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。