【eBay輸出】年内には売上$100,000/月を達成可能なのか。それでいいのか。

eBayの無在庫販売を再開して3週間経過

地味に今、転売部門で注目してるのはeBay。

というのも、なんか前より売りやすくなってる気がするんよね。

UPC必須化によるJAN検索がモノをいわしてるのか、
はたまたそれによって表示される商品レビューなども影響してるのかは不明ですが。

いかんせん、うちで以前やってた頃とちょっとeBay側の環境も変わってるので、
どれが一番の原因かはわかりづらい。

でも売れる。割りと、思ってる以上のペースでは。

eBayで$100,000/月ってたぶん過去に達成したことないと思うんですよね。

eBayガチる前にamazonばっかやってたので。

だから今になってかよって感じですが、
今だからこそ、なんか見えてくる気がする。

 

 

課題はSelling Limitのリミットアップでしかない

おそらくこれは、
当面の間は課題として残るんじゃないかなと思われ。

だって物理的に出品に制限かかってますからねw

しかもこのSelling Limitって、
Active listingのものまで計上されるので、
売れなくても出品してたら枠使ってるんですよ。

まあEnd listingすれば復活しますけど。

だからSelling Limit目一杯出品するのはいいけど、
売れたものを再出品しようと思ったらSelling Limitいっぱいでできないw

なんてことも多々あるので、
Selling Limitが小さい間はそのあたりの調整必要。

使ってるリソースに対して、
それ以上の率で売上が上がっているのはいいこと。

 

ただ転売は腹八分目に

でも、忘れちゃいけないのは
転売は腹八分目にしておくこと。

理由はいろいろあるから全部言うのはちょっとしんどい。

けど、明確なことをいうと、
転売の先に楽しい未来はそこまでない!

同じ物販でももっと楽しいことはあるのです。

やっぱ転売って楽なんですが、
楽なことってずっとやってるとあんま楽しくないんですよね。

入り口は転売でもいいんですが、
全力でいきたいなら転売はほどほどにしとくべきじゃないかなと。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。