フレンドファンディングpolcaはただの割り勘先払い集金サービスなのか?

国内のクラファン(クラウドファンディング)では有名なCAMPFIREが最近リリースした、
フレンドファンディングアプリ、「polca」がいろいろと話題なってますね。

おっと、リリース日にいきなり野心でちゃった。

でもあながち使い方的には間違ってないんじゃねえのかなって最近思ってきましたw

 

クラウドファンディングとは違うところ

ターゲットの違いだと思うんですけどね。

だいたいpolcaフレンドファンディングなんですから、
知らない人に資金募るのって使い方違うんじゃね?

って思いますね。

 

もう一つは金額的な部分。

現金で集金するには現実的ではないような金額や、

EIKING
いや、そんな小銭めんどくさのに集めんでもええやん

みたいなとき。

実際このpolcaのように簡単に集める方法があるのであれば、
いろいろと選択肢も増えてくるんじゃないかなと思いまして。

 

うちは社内で小銭募ってみんなの誕生日プレゼント買うよ

EIKING
○○が今月誕生日だから、プレゼント買うよ!みんな200円ずつ出してね!

とか言ってたら、「はあ?」って言われかねません。。

でもpolcaなら集まりそうな気がするんですよね。

クレカで払えるし、
誰が払ってて誰が払ってないかわかるしw

 

ただ問題はpolcaをDLするという障壁だな。。

これ別にやろうとおもったら決済だけ外部にしてしまうとか、
OauthでAmazonアカウント使っちゃうとかすればもっと使いやすいのに。

企画する人だけアプリ持ってれば、
あとはAmazonアカウントで支援できる、みたいなね。

まあ実証実験ってことで、
実際これがpolcaが流行るのかどうか、社内でやってみたいと思います。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。