【契約ユーザ200突破】PRIMA VPSと有線回線は使い方によって、使い分けたほうがいい理由

PRIMA VPSという、VPSサービスを弊社では展開しています。

実は地味に、200契約以上ご利用いただいていますw
広告もなにもかけてないので、
これもみなさんの口コミのおかげです。

本当にありがとうございます。

ただ、これは御存知の通りプロデュース自体は弊社でやってるんですけど、
サーバーの運営自体はWinserverのアシストアップ株式会社に委託しています。

実はWinserverのTOPページにもバナー掲載してもらってます。

PRIMA VPSの強みについては、
また今度書きなおそうとは思ってるんですけど、
今回はちょっと「有線回線」との使い分け方についてシェアしたいと思ってます。

 

松山本社では2本の有線回線を使ってる

松山本社には有線回線が2本あります。

事務所と作業場で2部屋あるんですけど、
基本的にはメイン回線しか使っていませんでした。

事務所に大元の回線(モデム)があるので、
作業場へはこのようにしてメイン回線のLANを壁通してました。

ちなみにこのLAN穴の右側はもとからあった壁、
左側は新しく作った壁です。(色ちがうでしょ)

壁作ったときに、「LANどうするー?」って言われたので、
適当に埋めといていいですよといったのでこうなりました。

で、もう一本のサブ回線は、
作業的にはいろいろあるんですけど、
メイン回線使いたくないなーwっていう作業などに使ってます。

 

サブ回線も作業場へ通す配線工事

で、今回実はいろいろあってサブ回線も、
作業場で必要ってことでもう1本のLANの配線工事をしました。

EIKING
こんぐらい、俺がやる

ということで、
自動車整備士の国家資格2級を保持する僕がやることになりました。

EIKING
配線なんか車も家もいっしょ、ちがうのは電圧ぐらい、そうだろ?

しかし、
どんだけがんばってもメイン回線のLANを一度はずすことが不可能だったので、
結局穴2つ空けることになりました。

だっさwww

でもこれ仕方ないんだ。。

いろいろ言い訳はあるんだ。。

事務所ー作業場間のトイレがある中間部屋。

このような感じで配線を通し、

最後、作業場からこんな感じで出てくるようになりました。

まあダサいけど。。

 

PRIMA VPSと有線回線の使い分け

うちでもPRIMA VPS使ってます。

普通に2回線契約して支払ってますw
じゃあどのようにして、

このサブ回線と、PRIMA VPS2回線を使い分けてるのでしょうか。

アカウントリスクでの使い分け

有線回線は何回も回線引き直すの大変ですよね。

工事代もかかるし。

モバイルWi-Fiだとしても、
だいたいが2年縛りだから途中解約手数料もかかります。

なのでアカウントが飛んで新しい回線をすぐに使いたい!

っていうことが多いような販売手法w
の場合はPRIMA VPSのほうがいいです。

問い合わせ一つでIPアドレス新規に切り替えできますので。

 

作業の種類によって使い分け

デスクトップ作業や、ブラウザ上での作業が多いような場合、
これは有線回線のほうがいいかもしれません。

なぜなら、
やはりどうあがいてもローカルPCとVPSなら作業スピードに違いが出るからです。

PRIMA VPSもこれまでいろいろチューニングしてきましたが、
やはりローカルPCと比べたら若干作業スピードは遅いです。

まあそれでもSSDなんで早いほうですけど。

特にBUYMAなど、
APIがなくて管理画面上の作業が多いプラットフォームのアカウント運用に関しては、
ローカルのほうが捗るでしょう。

でもBUYMAもアカウント死ぬリスクはあるので一概にはいえませんね。

 

同時利用ユーザによっての使い分け

PRIMA VPSでは、
同時に2ユーザが同一のVPSに別々のデスクトップでアクセスできます。

普通にWindowsなので。

ただ逆に言うと2ユーザしか同時利用できないので、
もっと複数のスタッフが作業することが多い場合は、
ローカルのほうがいいかもしれませんね。

ローカルであればPC増やせばいいだけの話なので。

 

PRIMA VPSの良さを活かしていこう

アカウントが死ぬことを望んでる人はいないと思います。

でもいつかは死んでしまう可能性はあるわけです。
もちろん扱ってる商材にもよりますが。

であれば、
名義さえ用意すれば、すぐに新しい未使用IPアドレスに切替することができる、
PRIMA VPSで運用するのも賢い選択肢かなと思います。

保険って掛け捨てですけど、
PRIMA VPSは実用的な回線費のみなので損はないかなと思います。

ということで、

アカウントリスクを抱えるすべての人へ 。PRIMA VPS

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。