【amazon.co.jp】「パッケージ商品数」の変更に注意!やっちゃった場合の復元方法

amazonの商品情報の中にある、「パッケージ商品数」って知ってますか?
あわや育った商品ページを、手放すことになる可能性もあったぐらい危険なことをしてしまいました。

セラーサポートに問い合わせつつ、
なんだかんだ数時間かかってようやく元通りにすることができました。

その間、販売もできなかったので機会損失もありーの、
時間取られまくりーので最悪でした。

二度としたくないです。

ただもししてしまった場合、どうやって元通り復元するのか、
念のため記事にしときたいと思いまして。

 

amazonのパッケージ商品数とは

amazonセラーセントラル > 在庫 > 在庫管理 内の商品の右側に「詳細の編集」ってありますよね。
それ押すと、商品情報の編集ができると思います。

その中の重要情報 > パッケージ商品数 の部分です。

これ実は、バリエーションだけかもしれませんが、
重要情報でかつ、商品ページの基本であるASINと密接な関係があります。

パッケージ商品数 : この属性を編集することは危険である可能性があります。注意して編集してください。

って書いてますよね。

普通、商品ページ作成時に入力してからいじらないですよね。

EIKING
危険って言われるといじりたくなるよね

まあでも何が起こる可能性があるのかぐらい書いといてほしかったです。。

実際パッケージ商品数ってなんなの?ってところなんですが、

商品ページにたまに、

¥◯◯ / 1商品あたりの価格

って出てたりしますよね?

これがパッケージ商品数なのです。

例えばこれの場合、「つめかえ用400gx16個」になってますよね。

これパッケージ商品数を「16」に設定してるんだと思うんです。

なので、2600/16=162.5円。
1商品(個)あたりが162円になるわけです。

 

amazonのパッケージ商品数を変更するとどうなる?

上の例の続きですが、
このパッケージ商品数を変更すると何が起こるか。

amazonでは、内容品の個数が変わるということなので、
別の商品として認識されてしまいます。

つまりなにが起こるのか。。。

ざわざわ・・・ざわざわ・・・

ASINが変わってしまいます。

おいマジかよ!

ASINが変わるとどうなるのか。

  • カスタマーレビュー消えてなくなる
  • セールスランク0から

という悪夢が待っています。

でも安心してください。

実はもし仮に新しいASINが生成されてしまっても大丈夫、復元自体は可能なのです。

実証してきましたのでw
その方法をシェアしたいと思います。

 

amazonの商品パッケージ数を変更してしまった場合の復元方法

今回の例は、

  • FBA販売中
  • バリエーション商品

での事例になります。

その他の場合(自社発送やバリエーション無しの場合)、また別の挙動になるかもしれませんのでご了承ください。

 

まずは現状の確認を行う

全く別のASINが生成されてるはずです。

こちらは、在庫 > 在庫管理

こちらは、在庫 > FBA在庫管理

下4桁1014ってのがSKUです。

一応隠してますけど、これ同一SKUです。

で、上のほうのASINが下2桁が”7V”、下が”4C”です。
そうなんです、同一SKUで2つのASINが存在してしまってるのですw

しかもFBAのほうは、ご覧の通りステータスは停止中(在庫切れ)になってます。

販売ページを確認すると、
実際に在庫切れ状態になってます。

これは早くなんとかせねば。。。

 

新しく生成されたASINを抹消

これ割りと度胸いるんですけど、
新しく生成されたほうのASIN(在庫 > 在庫管理)を抹消します。

今回の例で言う、下2桁が”7V”のものです。

元のページが消えてしまったらどうしよう。。。
と不安になる気持ちもありますが思い切っていきましょう。

まだ生きてます!

 

旧ASINのほうへあいのり出品する

次に、カタログ > 新規登録 から、
旧ASINのほうへあいのり出品します。

今回の例で言う、下2桁が”4C”のASINを検索し、
あいのり出品します。

ちなみにJANで検索すると、
憎き新ASINのほうも表示されますが、
間違えないように元のオリジナルのほうのASINから「出品する」。

ここでは、SKUを同じもので出品します。

 

あいのり出品した商品のJAN変更

あいのり出品したASINが、
在庫管理画面に現れたら、「詳細の編集」の「重要情報」タブへ。

商品コード(JANコード等)のところには、現状ASINが入ってると思います。

そこをオリジナルのJANを入力し、
ドロップダウン項目も(EAN)に変更して、保存ます。

ちなみにこれをしないと、バリエーション組が復元できません。

 

親ASINからバリエーション追加

次に、親ASINが残ってると思うので、
在庫 > 在庫管理画面の親ASINの「詳細の編集」から「バリエーション」へ。

以前存在していた子ASINがいないと思うので再度バリエーションを追加します。

この時追加するのは、
先程あいのり出品した商品です。

ここで、出品者SKUがとJANコードを入力します。

緑の文字で、

この商品が一致するもの: ・・・・・・・

と表示されればビンゴです!

これで完全に以前のASINと、
今回あいのり出品したSKUがひも付きました。

 

FBA在庫復活申請

これで、在庫管理上のASINと、FBA在庫管理上のASINが同じになりました。

しかし、まだFBA管理画面上は停止中(在庫切れ)の状態です。

こればっかりは販売者側でどうにもできないらしく、
セラーサポートに問い合わせして復活してもらいます。

すると程なくして、
販売が再開されます。

 

オリジナルのASIN完全復活!

在庫が復活してようやく完全復活です。

実際、親ASINと紐付けたタイミングで、
商品詳細情報もすべて復元されます。

あいのりだと商品詳細情報ってほぼ全部空白じゃないですか、
ページオーナーではないので。

でもバリエーション紐付けしたタイミングですべて、
キーワードやその他情報なども復活します。

 

結論「パッケージ商品数」は出品後いじるな

パッケージ商品数を変更してしまったばっかりに、
こんなクソほど手間なことになってしまいました。

まあもう1回やっても直せる自信はありますが、
二度とやりたくはないですねw

なのでこれらをもしいじりたい場合は、
まだ販売開始する前に済ませておくことですね。

出してからだといろいろリスクありすぎます。

みなさんもお気をつけください。。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。