今、ある意味ホットなWantedlyであえてエンジニア募集を再開してみました

Wantedlyそろそろ新しい募集を出そうって矢先に先日の炎上騒動がありましたw

Wantedly騒動に学ぶ、ネットの悪評を削除するリスク

なのでちょっと寝かせた感はあったのですが、
まあいつまでも寝かせておくわけにもいかない(月額払ってるからな!)ので再度新しい募集を投稿しました。

 

 

初動がちょっと弱いんじゃないの?

前回のWantedly募集と比べると、体感ですがちょっと初動が弱い印象でした。

 

FBの拡散といい、応援ボタンのクリック数と言い。

これも炎上騒動のせいかな。。。とか考えがちですが、
ちょっと違います。

おそらく前回で全力使いすぎたんですよね。

全力でみんなに拡散してもらった分、
また今回同じ募集してもなかなか拡散してもらえないという。

まあこれは想定内ですけどね。。

てか今後は月2回ぐらい募集新しいの出そうと思ってるので
(これはWantedly側推奨)まあどっちにしろ毎回全力拡散は難しいと思います。

EIKING
いつもみんな拡散、応援ありがとうな

ここはいっちょ課題。

Wantedly担当に相談したけど、まあそこまで大した回答はもらえなかったので、
どうにか毎回平均50応援ぐらいもらえるスキームは組みたい。

 

ちなみに前回のWantedly募集実績は

ちなみに前回は初めての投稿だったんですが、
5000社あるWantedly登録企業のなかで、MAXで会社ランキング4位までいきました。

その時の記事はこちらです。

Wantedlyで求人募集を開始してみて1日経過して思ったこと

2017.02.10

てか今見たら全部で登録20000社あるみたいですねw

前回の募集が2017年2月だったんですけど、
この7ヶ月でWantedly登録企業が15,000社も増えたんでしょうか?w

そんな爆増してないと思うんですけど。。。

今回は前回ほどはたぶん無理ですけど、
前回わかったのは「会社ランキングはなんの意味もない」ということ。

特にこだわらず行こうと思う。

 

Wantedlyは長い目で見るべし

Wantedlyで短期間でいい人材を取りたいなら、
やっぱ広告打ったり、スカウト機能を使わないと難しそうです。

ちなみにうちも別にそっこーで人材がほしいわけではないので、
この半年ぐらいでいい人材ひとり取れたらいいなというぐらい。

なので、
とりあえず広告なしスカウトなしで半年ほど継続して新規投稿投げ続けてみたいと思います。

 

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。