BUYMA再始動して3ヶ月でBUYMA全体成約回数ランキングで5位までいって思ったこと

 

今年のGW明けあたりから、BUYMAでの販売を強化して、
夏商戦に向けてガンガンに攻めに攻めまくった結果、
再始動約3ヶ月ぐらいで、BUYMA内の成約回数ランキングで5位までいくことができました。

ちなみに売上金額では130位前後。

EIKING
BUYMAの規模感見えたよね

なぜ5位まで簡単にいけてしまったのでしょうか。

うちのスタッフがやり手だからでしょうか、
それともBUYMA全体の規模感が大したことないからでしょうか。

 

BUYMAの管理システムのクソさのおかげ

管理システムがどうしようもないぐらい大変にめんどくさいのです。

まあこれは、超絶便利なamazonの管理システムと比較するとわかりやすいですね。

amazon BUYMA
問い合わせ対応 メールで可能
なんならzendesk対応OK
全てBUYMA管理画面上から
注文取り込み API
txtファイルDLもOK
csvでDLできるけど、
商品IDがないのでタイトルで商品判別(タイトルかぶってたらわからない)
バリエーション 子SKUごとで別商品管理 「黒のSサイズでお願いします」みたいなコメントでバリエーション判断w
出荷通知 API
txtファイルアップロードもOK
One by One!!!!

ざっと思いついたのでもこんな感じ。

amazonで慣れてたらまあまあびっくりするぐらいの管理システムです。

こんなので月間1500受注できたのはまあまあすごいと思います。

問い合わせもamazonなんか比較になんないぐらい多いですし。

 

BUYMAでの無在庫販売はどこまでやるべき?

パワープレーでぶん回してもいいぐらいのリターンはある、
けど垢BANしたら元も子もないんだよね。

垢BANリスクを回避できるならぶん回してもいいと思うけども。

あと、こんな管理システムでも、
やってけるのは圧倒的利益率がamazon輸出なんかと比べて高いから。

だからやるなら、
エネルギー70~80%ぐらいでアカウント運用するぐらいがちょうどいいいのでは。

それ以上するなら、垢BANしたときのダメージも大きくなる。

それに、どう贔屓目に考えても、
無在庫販売をするより別でやったほうがいいスキームは腐るほどある。

なので、無在庫販売ってことでとっつきやすい反面、
全力でやるなら自社商品開発などに徐々に移行していったほうがいいかなと思った次第です。

これでも無在庫5年ぐらいやってきてるので、
それなりの見解かなと思ってますw

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。