【amazon.com】10月1日からFBA保管手数料が3.7倍に跳ね上がるけど知ってた?

去年もそうだったんですけど、
米国amazonでは今年も10月からFBA保管手数料が跳ね上がります。

その額、3.7倍w

詳しくはこちらのヘルプページをご覧あれ。

EIKING
上がりすぎじゃ内

 

amazon.comのFBA手数料体系

大きく分けて2つあります。

  1. FBA Fulfillment Fees (出荷作業手数料)
  2. FBA Monthly Storage Fees (月間保管手数料)

このうちのFBA Monthly Storage Fees (月間保管手数料)が値上がりします。

3.7倍って上がりすぎじゃね?
って思いますけど、実は去年は4倍ぐらいに上がってるのでちょっとマシになったといえばなったんですよw

 

FBA保管手数料の値上がり額と期間

期間は10~12月の3ヶ月です。

Effective October 1, 2017, the monthly inventory storage fee for October will be increased for standard-size and oversize items to be consistent with the monthly inventory storage fees for November and December. On the same date, we will also reduce the Fulfillment Fee for all items shipped in October to be consistent with fulfillment fees in November and December.

 

 保管手数料 Standard size  保管手数料 Over size
 1月〜9月  $0.64  $0.43
 10月〜12月  $2.35  $1.15
これら手数料は立法フートあたり。だいたい1辺30cm立方の容積です。

うっひょー、
ホリデーシーズンだから在庫ぶち込みまくりたいところですが、
在庫消化が遅くなればなるほど金かかる仕組み。

さすがamazonだぜ。

 

気休め程度に出荷作業手数料が割引に

同時に、実はFBA Fulfillment Fees (出荷作業手数料)は安くなります。

ここではNon-media(メディア以外)のFBA出荷作業手数料についてみてみますけど。

Small standard-size
(1 lb.以下)
Large standard-size
(1 lb. 以下)
Large standard-size
(1~2 lbs.)
Large standard-size
(2 lbs. 以上)
1月〜9月 $2.41 $2.99 $4.18 $4.18 + $0.39/lb.
10月〜12月 $2.39 $2.88 $3.96 $3.96 + $0.35/lb.

Small standard-sizeに関しては$0.02だけ!

EIKING
気休めにもならんぞ

Inventory Placement Service Fees分ぐらいカバーできるならまだしも、
雀の涙ほどの割引となっております。

まあそれを差し置いてもホリデーの売上はハンパないので、
割に合うだろ?みたいなスタンスなのでしょうか。

 

10月以降のFBA納品では気にするべき?

このFBA Monthly Storage Fees (月間保管手数料)の値上げを気にして、
在庫をちょびちょび入れるとなると、

もちろん逆に、

  1. 出荷コスト
  2. 在庫切れによる機会損失の可能性

を上げることになってしまいます。

なのでどうでしょう。

この3.7倍にもなるFBA保管手数料をどう受け止めるべきでしょう?

EIKING
まあ、気にせずいこうぜ

まあ気にせずいこうか。

とりあえず高くなるでってことだけ頭に入れとこうか。

結局は、

EIKING
売りゃあいいんだよ

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。