仮想通貨ハードウェアウォレットTREZOR 海外のTREZOR公式サイトからの購入方法

amazonだとTREZORのようなハードウェアウォレットって、変な販売者も多いので、
なんかちょっと買うの怖いじゃないですか。

だってウォレットですよ?

銀行の通帳と印鑑みたいなもんですよ。
それを知らないそのへんの転売セラーから買うのはセキュリティ的にどうかと思うわけです。

EIKING
ごめんね、同業者ディスって

なのでちょっとコストかかりますけど、
公式サイトから購入しました。

 

ハードウェアウォレットはあったほうがいい?

TREZORのようなハードウェアウォレットはあったほうがいいんでしょうか。

滅多なことない限り取引所が破綻したり、
盗難にあったりってことはないと思ってはいるんですけど。

もしそれが現実になると、どうあがいても金かえってこないじゃないですか。

どんなにあがいても。

じゃあペーパーウォレットなり、ハードウェアウォレットなり、
まあソフトウェアでもいいですけど、
なにかしら自分の管理下に置いておきたいですよね。

自分でなくしたら自分の責任なので誰も責めれませんし。

そこで一番使い勝手良くて、セキュリティ的にも問題ないのがハードウェアウォレットかなって。

 

TREZORとLedger Nanoどっちがいい?

こちらの記事がわかりやすいです。

ボク個人的にはLedger Nanoです。

じゃあなんでTREZORの記事書いてんだよ!
って感じですがw

まあそれについてはおいおい後日説明することにしましょう。。

といってもまだ両方とも使ったことない(今日本に向かってる!)のでなんとも言えないんですけどね。
届いたら届いたでまたレビューしますよ。

 

TREZORの公式サイトでの買い方

TREZORをカートへぶち込もう

へGO。

そして欲しい色のTREZORを選択してカートへぶち込もう。

バックアップも兼ねて、TREZORは2個買ったほうがいいぞ。
送料変わんないのでまとめて買ったほうが安いぞ。

EIKING
ケチんな、自分の資産を守るためやで

カートを確認してみよう。

ここで数量変更もできますよ。

発送はDHLのみですね。
EUR26って割りと良心的な送料設定ですね、欧州発送にしては。

 

発送先住所入力

TREZORを受け取りたい発送先の住所を英語で入力します。

下のチェックマークも2つとも選択しときましょ。

 

支払い方法の選択

TREZORの支払い方法の選択をします。

Bitcoinか、クレジットカード(VISA or MASTER)で支払できます。

頑なにはBitcoinでは払わない派。

だって資産把握むずかしくなるし、
投資商品で経費支払いするといろいろややこしいじゃないですか。

ということでクレカ一択。

 

クレジットカード情報入力

クレジットカードを選択すると、
クレジットカード情報の入力画面が表示されます。

どうみてもStripeのパクリにしか見えないモーダルが出現します。

GoPayっていう決済システムらしいんですけどね。

まあ気にせず、GO PAY!

メールアドレスとクレジットカード情報を入力して、青いボタンをクリック。

 

決済完了!到着を待て!

これでTREZORの注文完了です。

あとはTREZORの到着を待つだけですね。
簡単ですね。

ちなみに僕の場合は注文日に出荷されました。
Ledger Nanoはかなり納期遅れてましたけど。(2017年9月後半時点)

 

amazon.co.jpでのTREZOR購入について

 

もちろんamazonでもTREZOR買えるんですけど、
冒頭でも書いたとおり、変な販売者から買うとリスクです。

そこはケチらずいこうぜ。

これからずっと自分の資産(いくらか人によるけど)を守ってもらうわけですから。

amazonで販売することを本業とする自分の意見でした。

賞味そこまでちゃんとした販売者ってのは一握りしかいないですよ。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。