第8回ファッションワールド東京(秋)に行ってきました

東京ビックサイトにて第8回ファッションワールド東京(秋)にいってきました。

ファッションに特化した展示会というのが初体験だったんですけど、

EIKING
まあうちもアパレルやりだしたことやし、一回覗いてみよう

ってことで第8回ファッションワールド東京(秋)に一人で行ってきました。

天気わるかったですが、
めっちゃ暑かったんですよ。

どうやらいっしょにいろんなジャンルの展示会をやってるみたいですね。

 

ファッションワールド会場は東京ビッグサイト東1〜3ホール

第8回ファッションワールド東京(秋)の会場は東の1〜3ホールでした。

普通に規模的にはどうでしょう、
1日で回りきれるぐらいじゃないですかね。

ギフトショーなんかと比べるとちょっと小さいなといった印象でした。

 

ファッションワールド出店は中国企業などが多い印象

ざっと回って見てる感じ中国企業が多いなと感じました。

というかマップ見たらまあ普通に多かったです。

人の入り的には、そこまで多いなという感じではなく。

 

テック系の企業も数社出展

中国越境EC向け沼尻産業

ただ僕が第8回ファッションワールド東京(秋)で一番気になったのはテック系の企業でした。

沼尻産業という物流業者が中国越境EC向けに、
物流サービスを提供してるみたいなんですが、
そこで中国の越境EC系の割りとコアな講演をやっててそっちのほうが気になりました。

保税倉庫モデルももちろんのこと、
EMSより安価で日本から直送モデルもあるらしいです。

聞く話だと、

  • kaola向けが物流一番多い
  • JDで出品してるクライアントいない
  • 小紅書などから始めるといいかも

といったように、

中国向け越境ECについては割りと強いリソースを持ってるのかなと感じました。

とりあえず講演の資料がすばらしそうだったので、
あとでメールでちょうだいっていっときましたw

 

ファッション人工知能アプリSENSY

もう一つは、SENSYっていう、
ファッション人工知能アプリなどを開発してる会社もありました。

事務所は渋谷でめっちゃ近所でした。

ただアプリのレビューが炎上してて大丈夫かなとw

ただ、有名なアパレル大手の夢展望さんとかも導入してるEC接客システムなんかもあるらしく、
ちょっといろいろ話聞いてみたいなと思いました。

 

ファッションワールド東京の出展について

第8回ファッションワールド東京(秋)主催がリードエグジビションジャパン株式会社なんですが、
次回出展についてかなり営業されましたw

参考程度にと思って話聞いてたんですが、
結構グイグイくるんですね。

まあ僕も営業やってたので特になんとも思わないですが、
驚いたのはその出展価格です。

6m x 2.7mで83万円からとのこと。

ちょっと動員数とかと比較しても高いなーという印象。

その理由は、ビジターとのマッチング商談のセッティングまで行うかららしいんですが、
セッティングしたところで商談決まるわけではないし、
マッチング目当ての商談なら別に展示会である必要もないんじゃね?とも思ったり。

なんせ若干割高感が残りました。

まあ今んところB2Bはまだ考えてないので、
そういう時期になれば検討ですね。

ということで第8回ファッションワールド東京(秋)、半日ぐるぐる回ってみましたが、
結論からいうと、

EIKING
イマイチわからん

ということでしたw

ギフトショーとかなら、
なんか商品の値段感あるもの多いのでテンション上がることも多いんですけど、
アパレルとなると特にレディースなんかはあまり把握してないので、
いまいちテンションが上がりませんでした。

もっとファッション知識つけてからまた行きたいですw

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。