国内の各仮想通貨取引所のBTG(Bitcoin Gold)対応まとめ

Bitcoin Goldのハードフォークがいよいよ近づいてまいりました。

ただいろいろ有識者の意見を見てる限り、
どうも前回のBitcoin Cash(BCH)のような棚ぼたにはならなそうです。

そんなことより11月のSegwit2xのほうが心配です。。

とりあえず国内の取引所のBitcoin Goldの対応がだいたい整ったみたいなので、
まとめてみます。

 

CoinCheckのBTG(Bitcoin Gold)対応

真っ先に対応を発表したのがCoinCheckでした。

答えは、

EIKING
BTG(Bitcoin Gold)付与する!

でした。

公式アナウンスから引用します。

対応方針

このたびのBitcoin Goldに係る分岐に際し、CoincheckではBitcoin Goldの付与を行う予定です。しかしながら、以下のような事象が発生し、弊社にてお客様の資産の保護が困難と判断される場合やサービスの安定した提供が困難と判断される場合においては、Bitcoin Goldの付与を行わない可能性がございます。

・Replay attackに対する対策が不十分であると確認された場合
・マイナーが十分に集まらず、ブロックが安定的に生成されない場合
・何らかの脆弱性が発覚しそれに対する対策が行われない場合
・その他、弊社において付与等の取り扱いが不適切と判断される場合

気になるのは付与係数についてです。

決済アカウント、貸仮想通貨アカウントは置いといて、
取引アカウントだけ抜粋します。

付与対象ユーザーと付与数量について

Bitcoin Goldの付与は「取引アカウント」「Coincheck payment(決済)アカウント」「貸仮想通貨アカウント」を保有のユーザーに対して行われます。また、付与数量の算出方法はそれぞれのアカウントにより異なります。また、実際の付与はBitcoin Goldをその他の通貨に変換し行う可能性がございます。その際の変換レートは弊社にて実勢レートを基に判断をさせていただきます。

取引アカウントを保有のユーザー

付与されるBitcoin Gold = ((保有するビットコイン) + (ロングポジションで保有するポジション数量) – (ショートポジションで保有するポジション数量) – (信用取引で借入れているビットコイン)) * 付与係数

付与されるBitcoin Goldがマイナスとなる場合、付与は行われません。

EIKING
難しいな。。

付与係数の計算。

付与係数について

付与されるBitcoin Goldは保有するビットコインと同数ではなく、全ユーザーの取引状況から算出される付与係数を乗じた数量を付与いたします。

付与係数 = 1 – ① / ②

① = 信用取引による顧客のビットコインの借入数量合計 + 顧客のレバレッジ取引によるショートポジションの数量合計
② = 顧客の取引アカウントのビットコインの残高合計 + 貸し仮想通貨アカウントのビットコインの残高合計 + 決済アカウントのビットコインの残高合計 + 顧客のレバレッジ取引によるロングポジション合計

めんどくさくなってきましたw

EIKING
次いこ

 

ZaifのBTG(Bitcoin Gold)対応

次に発表があったのがZaifです。

答えは、

EIKING
BTG(Bitcoin Gold)付与、、、しません!!

でした。

ここでCoinCheckと対応が早くもわかれました。

公式アナウンスから引用します。

下記の可能性があるため、現時点ではBTGの付与・入出金・取引は行わないと判断いたしました。
・リプレイ攻撃に対する保護、対策が不十分である可能性がある
・マイナーが十分に集まらずにブロックが継続的かつ安定的に生成されない可能性がある
・何らかの脆弱性があり、お客様資産の保全が確実ではない可能性がある
また、弊社では付与の如何にかかわらず、分岐時点とされる491407block時点(2017年10月25日前後)でのお客様のビットコイン(BTC)残高のスナップショットを保持します。
BTGの付与をしないと判断した場合であっても、Zaifが保管以外の目的でBTGを移動(※1)したり処分して他通貨に交換するようなことはありません。

※1:BTGのリプレイアタック対策が不十分なことに起因する、こちらで意図しない移動についてはこの限りではありません。

基本的には付与する予定もないし、
勝手にHF起こったBitcoin GoldをZaifが使うことはないで、ということ。

しかし、

弊社ではBTGに限らず仮想通貨の取り扱いにおいて、お客様資産の保全、市場環境、継続的運営、セキュリティ等の観点を考慮して取り扱い可否の判断をしております。
ただし、前述の懸念される可能性がすべて解消された場合において、他通貨と同様に弊社の判断でBTGの取り扱いの検討を行う予定です。
付与すると判断した場合は、前述のスナップショットに基づきお客様へBTGの付与を行います。

まあもし万が一、
「あれ?BTG割りとええやん!ええやん!!」

ってなったらHF字のスナップショットに基づき、Bitcoin Goldを付与するとのこと。

ということで、まあある意味付与するってとれますね。

EIKING
ちな、EIKING保有BTCはほぼZaifにあるので、そのまま放置することに

 

BitFlyerのBTG(Bitcoin Gold)対応

CoinCheckの発表から2日遅れて、
BitFlyerからも本日(2017/10/21)発表がありました。

答えは、

EIKING
うちも付与するー!

でした。

公式アナウンス(PDF)です。

2017 年 10 月 25 日に Bitcoin Gold(以下、「BTG」)によるビットコインのブロックチェーン分岐(以下、「BTG 分岐」)が予定されています。

当社として下記の対応*1を予定しておりますのでお知らせします。

・当社は、BTG 分岐前にお客様が bitFlyer アカウントで保有されていたビットコイン現物の数量と同量の BTG をお客様に付与*2 します。 BTG 分岐が恒久的であり、お客様の資産保護等の観点においても問題が無いと当社が判断した場合、お客様はビットコイン、及び BTG 両方の資産を持つことになります。
・ BTG の付与に伴い、BTG の売買サービス、お預入・ご送付サービスの提供を開始する予定です。
・ BTG 分岐前後においてサービスの停止は予定しておりません。全てのサービスが通常通りご利用いただけます。

とりあえずBTCと同じ量のBitcoin Goldを、付与すると。

その上で、問題ないと判断した場合に、BTCとBTGの両方を持つことになると。

EIKING
とりあえず付与の意味が。。

まあなんせ一旦付与するけど、その時点では可視化されてなく、
問題なければ管理画面上に出てくるでってことですかね。

また、問題なければ11/1以降、Bitcoin Goldの取引もできるようになるとのこと。

 

おまけ: VALUのBTG(Bitcoin Gold)対応

最後に取引所ではないですが、
この夏沸いたVALUからも案内が来てました。

らしいです。

ちなみにBCHのときは、
HFから1ヶ月以上あとにようやく対応しました。

しかも11/15までに出金しろとw

まあVALUは取引所でもないしそんなもんか。

 

BTGよりSegwit2xのほうが心配なんだが

Bitcoin Gold(BTG)はどうにでもなるでしょう、たぶん。知らんけど。

問題は11月に起こるであろうSegwit2x(B2X)のほうです。

何が問題ってリプレイアタック問題ってのがあって、
簡単にいうと、普通のBTCの取引にも影響してくるわけです。

勝手にHFでオギャーって生まれてくるだけならいいんですけど、
親のBTCにまで迷惑かける予定で生まれてくるわけです。

しかもこれが実は国内ではBitFlyerなども指示していて、
マジでどうなるかわかんないHFなわけです。

またいろいろわかったら別で記事にしたいと思います。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。