Bitconnectでレンディングして日利1%(月利30%)の利息を毎日得るための流れ

今回は実際にBitconnectのアカウント作成後、
どのようにして、
レンディングを開始して、利息を受け取り始めることができるのか、
について書いてみたいと思います。

先日の記事では、実際にBitconnectでどのぐらいレンディングの利息が入ってきてるのかご紹介しました。

Bitconnectで月利30%のレンディングを開始して2ヶ月半が経ったので経過報告

2017.10.17

もちろんアカウント作成しただけではダメですので!

 

貸付までのBitconnectレンディングの流れ

まずはBitconnectの、基本的なレンディングの流れについてです。

どこかの取引所にBTCを持っていることが前提です。まだBTCすら持ってない場合は、とりあえず国内の取引所に送金してJPY→BTCをGETしといてください。取引所は個人的には現状、Zaifがオススメです。
  1. Bitconnectアカウント作成
  2. 二段階認証設定
  3. BitconnectアカウントのBTCアドレスにBTC送金
  4. BTCでBCC(BitconnectCoin)を購入
  5. BCCからUSDで貸し付ける

という流れです。

ここで知っておきたいのが、
貸付はUSDだということです。

ロック期間終了後も返金されるのはUSDです。

よって、BCCの値上がり益(キャピタルゲイン)は見込めません。

 

貸付後のBitconnectレンディングの流れ

次に、Bitconnectでの貸付後から実際に原資を回収するまでの流れです。

  1. 毎日、BTCのボラティリティに応じて利息をUSDで受取る
  2. 貸付金額に応じたロック期間終了
  3. USDでレンディングウォレットに返金される
  4. USD→BCCに両替
  5. BCCでBTC購入
  6. BTCを日本円に替えれる取引所へ送金
  7. 日本円ゲト

貸付金額に応じたロック期間は以下参照。

Capital releaseがそれです。

実際、管理画面上では確認できないドS仕様なので、
貸付日から自分で数える必要があります。

また、見て分かる通り、
$1010以上の貸付を行うと、ボーナスが+0.10%〜0.25%が毎日つきます。

 

Bitconnectレンディングを複利で運用するには

利息は基本的に、BitconnectのLending Walletに毎日入ります。

0%のときもたまにあります

受け取った利息は、USDでLending Walletに送り込まれます。
無音で送られてきます。

Bitconnectの管理画面でいうここですね。

ここに入ってきたUSDを再投資していくことで、
かなり原始的ですが複利運用することができます。

  1. 日々利息をUSDで受け取り
  2. 任意のタイミングで溜まったUSDを再投資(Resinvest)
  3. 以下繰り返し
ちなみに、再投資した金額に関しては、またその日からのロック期間引き出せません。ただし、これまでに貸付してる金額に関してはロック期間は変更されません。

ちなみに、毎日再投資(Reinvest)するのと、
+0.10%のボーナスがつく、$1010以上ためてから再投資(Reinvest)するのとでは、
パフォーマンスは毎日するほうがいいみたいです。

EIKING
めんどいのでワイは$1010越えたらReinvest派

 

Bitconnect全体的な流れまとめ

まずBitconnectでBCCを持たないと始まらない

国内取引所はもちろんのこと、
PoloniexやBittrex, Bitfinexなどの海外大手取引所にすら上場してないBitconnectCoin。。

にも関わらず、時価総額10位というところがミステリアスですよね。

EIKING
怪しさMAXwww

とにかくレンディングしたいなら、
BCCがないと始まらないので、まず取引所から、BitconnectアカウントのBTCウォレットに送金します。

Bitconnectアカウントには、
BTC、BCCのウォレットがあります。

BitconnectのBTCからでないとBCCは買えませんので。

 

BitconnectCoinを目つぶって複利でぶん回せ

原資回収できたらもうノーリスクです。

勝負は原資回収できるかどうかです。

それまでは目つぶってぶん回します。
もちろん複利で。

複利で再投資しなくても、利息で原資回収できたらいいんじゃないの?

と思うかもしれませんが、まあそれでも実際いいです。

$5000原資で入れて、利息を再投資に回さず、
利息合計が$5000になったらすぐ引き出せます。

EIKING
でもマジ複利ぱねえから。

 

原資リリースされたらとりあえず確保

原資回収ができたらもう勝ちです。

悪くても引き分け。

上記に書いたように、利息で原資回収してもよし。
原資リリース日まで粘ってもよし。

でもどっちにしろ絶対どっかで原資引き上げは必要。

欲かいてしまう気持ちはわかるけど、
投資は負けないことが大事なので。

 

ということで今回はBitconnectのレンディングの全体的な流れについて書いてみました。

全体を把握して本質を見極めることは大事です。

月利30%に踊らされて目の前のことしか見えなくなってると痛い目合いますぜ。

なんせ投資は自己責任でお願いします。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。