【今さら聞けない】米国amazonの利益計算ってどうやるの?海外売上を徹底解説

amazon.comなどの販売は、Payoneerなどの企業の登場により、
より容易なものになりました。

ぶっちゃけ誰でも、
商品さえあれば、amazon.com で販売することは可能です。

蟻でもできるかもしれません。

EIKING
蟻は無理やろ

そんな一般的になってきた通称「amazon輸出」ですが、
利益計算がいまいちわかってない人も多いのでは?

いや多い!多いはずだ!確定!

てことで、例をベースに実際の利益はどの程度になるのか、
計算のしかたをおさらい。

 

amazon輸出での大まかな売上と経費の内訳

amazonセラーセントラルの、
REPORTS > Payments > Transaction View
で一つのオーダーを例に見てみます。

今回の例はamazon.comでFBA販売を行った商品です。

項目 説明 分類 金額
Product charges 商品売上 売上 $17.99
FBA Pick & Pack Fee FBA手数料 経費 -$2.88
Referral Fee on Item
(Price Base amount)
販売手数料 経費 -$2.70
Referral Fee on Item
(Tax)
販売手数料にかかる消費税 消費税 -$0.22
Change to your seller account balance  実際に受け取る金額 入金 $12.19

amazonセラーセントラルで確認できるものはこんな感じですね!

これに加えて実際の仕入原価や、
FBA納品にかかった国際送料、関税なども経費に含まれてきます。

特にややこしくなるのは、国際送料、関税です。

なぜかというと、商品1個あたりのこれらの経費は算出しにくいからです。

利益率が高いのであればそこまで考えず、
全体の販管費として計算してもいいかもしれませんが、
薄利だと命取りになる可能性あるので1個あたりは出したいところです。

EIKING
というか米国FBAで薄利なんかやりたくないところです

ちなみに上記オーダーですと、

項目 説明 分類 金額
仕入原価 商品の原価(税抜) 経費(非課税) 240円
関税 米国輸入にかかる関税 経費 0円
国際送料 FBA納品での1個あたりの国際送料 経費(非課税) 120円
日本円原価合計 日本円で計上する原価合計 360円

ということで合計360円となりました。

国際送料の1個あたりが高いのは、この商品は容積がでかいから、容積重量ではねあがっております。

 

amazon輸出の利益計算で気をつけたいところ

amazon販売手数料の消費税還付してる?

今さらですが、セラーアカウントの登録を日本住所で行った場合は、
amazonの販売手数料に8%の消費税が課せられています。

Referral Fee on Item
(Tax)
販売手数料にかかる消費税 消費税 -$0.22

上の表でいうと、-$0.22ですね。

これ実はDLする明細によっては、
合算で落ちてきます。

販売手数料 $2.92 として。

例えば販売手数料が15%のカテゴリだったとしても、
16.2%ぐらいで計上されてるはずです。

それはこの消費税を含んでるからです。

つまりamazonFBA手数料は米国であれ、僕らが日本にいる以上「課税仕入」となるのです。

これちなみにAccount infoのBusiness Addressを、「日本」の住所で設定しないと消費税の請求がないので要チェック

 

米国amazonFBA手数料は課税仕入ではない?

FBA Pick & Pack Fee FBA手数料 経費 -$2.88

上の表を見て分かる通り、FBA手数料にはTaxがありません。

なぜかというとFBA倉庫は米国にあるからです。
米国内の拠点で行うサービスに関しては、日本の消費税は課税されませんよね。

てことで米国amazonFBA手数料には日本の消費税は含まれてません。

 

仕入原価についても非課税で計算するの?

売上が非課税売上である(海外売上のため)以上、
支払った課税仕入の税額は返還されます。

仕入原価 商品の原価(税抜) 経費(非課税) 240円

 

これが俗にいう消費税還付。

なので、国内売上だと業種によってさまざまですが、
海外売上では基本的に税抜の原価を仕入原価として計算します。

国際送料 FBA納品での1個あたりの国際送料 経費(非課税) 120円

 

同じように国際送料はもともと非課税です。

 

なんで関税が0円なの?

うちの今回の例の商品は原価がやすいので、
基本的に内容品金額$800以下で納品してます。

まあそのせいでちょっと送料が高いのですが、
どっちを取るかの話なので。

関税のほうが安いなら関税のほうがいいので$800ラインは気にしなくていいですが。

 

ということで実際の利益はどう計算するのか

上記の表で、実際の売上入金額から日本円原価を引くだけです。

Change to your seller account balance  実際に受け取る金額 入金 $12.19

から、

日本円原価合計 日本円で計上する原価合計 360円

 

を引きます。

EIKING
おっとしかしここで為替の問題が

そうですね、
ここで実際どのレートで計算するのかってところですね。

それは、Payoneer等から日本の自社口座に送金するタイミングのレートになります。

僕ら日本法人の一般的な流れは、

amazon $ → $ Payoneer等 ¥ → ¥ 日本口座

て感じですね?

仮定として、

  • USD/JPY=112円
  • Payoneer為替手数料=1%

とします。

すると、

$12.19*112=1365.26円

1365.26*99%=1351円(小数点切り捨て)

となります。

つまり今回の例でいくと、

項目 金額
売上* 2014円
売上入金 1351円
日本円原価 360円
利益 991円
利益率* 49.2%
  • 売上は同じレート(112円)で計上した場合。
  • 利益率は利益/売上。

となります。

EIKING
もし認識違う!って人いたらTwitterで連絡ください

 

利益率って人によって全然違うよね

ということで米国amazonでの海外売上の利益計算の方法をふりかえってみました。

で利益率いくらやねん、って話をよくするんですけど。

EIKING
計算基準が人によって違いすぎる

ので参考になりませんw

なぜこんなばらばらなのかというと、

通常粗利ってのは(売上ー原価)なんですけど、
昨今のEC販売だと簡単にそれだけじゃなくて、
プラットフォームの販売手数料が必ずあったり、
売上に送料も含まれてたりするので、それらによって、人それぞれになりがちなのかなと。

ま、あくまで今回の計算についてはEIKINGの主観になります。

EIKINGは税の専門ではないのであくまで個人的見解になります。消費税に関する詳しい計算につきましては、各顧問税理士に聞いてください。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。