amazonのMWSアカウント情報はセラーセントラルから確認できるんですけど

amazonの大口アカウントを持っていれば、
MWSのアカウント情報である、

  • Seller ID(出品者ID)
  • AWS Access Key ID(AWSアクセスキーID)
  • Secret Key(秘密キー)
  • Developer ID(開発者ID)

はセラーセントラルから確認できます。

最近PRIMAのほうでもこれ系の問い合わせが多いですね。

一応PRIMAのサポートページでも書いてます。

MWSアカウント登録方法

 

amazon MWSアカウントとは

amazon Marketplace wab service(アマゾンマーケットプレイスウェブサービス)の略です。

amazonで僕らのように出品してる販売方法をマーケットプレイス出品などといいますね。

そんな感じで、
amazonで販売してる出品者のアカウントそれがMWSアカウントです。

出品者アカウントって普通にamazonのユーザアカウントから作成しますよね。
つまり、amazonのアカウントのことです。

だがしかし注意点として、MWSアカウントは大口出品者のみとなります。ただの購入者アカウントや、小口アカウントではMWSアカウント情報は持っていません。

したがって、amazon MWSアカウントというのは月額料金を支払って初めてamazonアカウントに付与されるという感じのイメージでOK?

 

MWSアカウント情報の確認方法

わかりやすいようにamazon.co.jpで説明しますね。

amazon.comも今は日本語切り替えできるからね。
基本的にamazonはどのプラットフォームでもセラーセントラルの使い方はほぼおなじです。

設定 > ユーザー権限

セラーセントラル右上の設定から、ユーザー権限ページへ行きましょう。

 

ページ下部のAmazon MWS 開発者権限 内「アカウント情報」

ページ下がっていくと、「Amazon MWS 開発者権限」っていうセクションあると思います。

その中の「アカウント情報」欄の中にまず出品者IDがありますね。

EIKING
とりま出品者IDげと

 

Amazon MWS 開発者権限 内「現在の権限」

もうちょっと下に下がると「現在の権限」ってのがあります。

なにかMWSアカウントを使ったサービスと連携してたら、
ここに表示されてるんじゃないでしょうか。

ちなみにPRIMAはちょっと連携方法違うのでここには表示されませんので。

で、見てほしいのは「開発者のニックネーム」が(出品者本人)の行です。

この行が実際今ログインしているMWSアカウントの情報になります。

EIKING
とりあえずそんな使うことないと思うけど自分の開発者IDはここでゲトできます

さああと2つ!

(出品者本人)の行の一番右端、「認証情報を表示」という縦伸びしてしまったリンクをクリックします。

 

開発者のアカウント情報

出ました!

ここでAWSアクセスキーIDをゲットです。

追い打ちをかけるように、秘密キー「表示」を押してみましょう。

なんと!「秘密キー」が表示されるではないですか!

はいこれで、

  • Seller ID(出品者ID)
  • AWS Access Key ID(AWSアクセスキーID)
  • Secret Key(秘密キー)
  • Developer ID(開発者ID)

全部ゲットすることができました。

 

MWSアカウント情報は厳重管理で

今んとこそういった被害事例出てるわけじゃないんですけど、
以前のamazonアカウント乗っ取り事件と同様、
MWSアカウント漏洩したら正直なんでもできちゃうわけです。

話題のamazonセラアカ2段階認証入れないとヤバイ説が濃厚な理由

2017.04.24

amazonアカウント乗っ取り二次災害が想像以上にヤバイのなんのって

2017.04.29

あなたのアカウントで、
Nintendo Switchを1万円ぐらいで勝手に出品することもできちゃいます。

二段階認証入れてれば、
セラーセントラルはログイン防げますけど、
MWSアカウント情報漏れたら防ぎようないので。。。

EIKING
てか基本Secret Keyって一回しか見れないからSecretじゃないんかよ。。何回も見れるのってどうなの?AWSのIAMやとDLしなきゃ二度とブラウザでは表示されんはずなのにな

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。