Bitconnectで得た日利を複利運用でレンディング再投資するのは正しい?

以前、Bitconnectというカオスなレンディングできる仮想通貨を紹介しました。

Bitconnectで月利30%のレンディングを開始して2ヶ月半が経ったので経過報告

2017.10.17

月利30%ってなんやねんって感じですよね。
どう考えてもHYIPやろとか、ポンジ・スキームやろって言われがちです。

EIKING
詳細は不明、だがエキサイティングには間違いない

昨今BCHがBTCを上回るんじゃないのかと、
11/12付でBCHが30万円タッチしたりと大混乱状態が続いていますが、
Bitconnectのレンディングはそれらをよそ目に着々と日利が発生しています。

EIKING
BCC価格自体はBTCと連動してるのでフィアット建てで下げてるけど

 

Bitconnectの日利益は再投資がいいのか、原本回収優先か

これはBitconnectでレンディングする上で大きなテーマになるかと思います。

もちろん、初期投資額にもよると思いますが、
今回は僕のように$5010~を初期投資した場合で考えてみましょう。

まず最初に定義したいのは、

  • 元本回収は最優先事項

ということです。

じゃあ日利を再投資するんじゃなくて、
日利益合計が$5010まで待っておくのが一番いいんじゃないのか?

という話ですよね。

日利益はUSDで受け取るので、
USD→BCC→BTC→JPYに毎日することができます。

ポイントは、

  • 再投資単価が小さいほどキャピタルリリースは長くなる
  • 再投資単価が大きいほど日利ボーナスが付く

という点です。

 

Bitconnect再投資分も回収は早いほどいい

ここは感覚的な部分ですが、
実際このBitconnectのスキームが長く続くとは思っていません。

であれば、原資回収はもちろんのこと、
再投資分の回収もできれば短くしたいところ。

もちろん最短は、$10010~の120日です。

しかしそうなると今度は回収は早くなるけど、
日利が$10010になるまで待つ期間が死ぬほど長くなりますね。

賞味僕はレンディングしていようが、
レンディングウォレットにUSDで置いて待ってようがリスクはそう変わらないと思ってます。

で僕が総合的に判断したのは、

再投資は$1010まで待つ

です。

もちろんこれは運用する額によって変わってくると思います。

$5010でスタートした場合、
Bitconnectがぶっとぶリスクと、キャピタルリリース期間、
そして日利額をトータルで考慮したら、$1010待ちの再投資がベストと判断しました。

これで、再投資分は全て都度+239日のロックがかかります。

 

どうせ待つなら再投資したほうがいい理由

もし仮に、再投資分を全部毎日BTCに変換して、
Bitconnect口座から抜き出してまでリスクを避けたい!

というのであれば、それもあり。

ですがそうなると単利運用なので、
$5010を回収するのに、日利1.0%だとすると、100日かかります。

原資回収後に複利運用するなら、
100日後、$5010から複利運用スタートになりますね。

リスク0ベースでいうと、100日後です。

一方、再投資をしていった場合は、
$5010初期投資であれば、原資回収できるのが179日後ですね。

その差79日。

得た利益は、ざっくり毎日再投資だと、
$29,742-$5,010= $24,732

179日後に、$24732から複利運用再スタートできます。

 

原資最優先と複利ぶんまわしの比較整理

原資を最優先で回収して、日利全てを原資回収する場合と、
日利を全て複利運用でぶん回した場合。

どのような違いが出るのか。

原資最優先 複利ぶんまわし
原資 $5,010 $5,010
100日後総資産 $10,020 *原資回収!! $13,551
100日後運用資産 $5,010 $13,551
179日後総資産 $16,006 (原資含む) $29,742(原資含む) *原資回収!!
179日後運用資産 $16,006 $24,732
365日後総資産 $101,873 (+原資$5,010) $157,411(+原資$5,010)
複利運用は毎日した場合の計算ですが、そのぶんボーナス日利を除外して計算してます

原資回収を79日我慢すると、
運用スタートの1年後の総資産が1.5倍も変わってくるのです。

もちろん、再投資分のキャピタルリリース期間があるので、
365日後に全て回収できるわけではないです。

EIKING
ようはこの期待値の差と、79日間の原資回収日の差が割りに合ってるのかという点

 

EIKINGのBitconnect運用状況は

これらはあくまで僕の個人的見解なので、
参考程度にしといてください。

何度も言いますが、投資は自己責任ですゆえに。

で現在2017/11/12時点で、原資投入後102日目。

いわゆる、79日のあっちっちタイム突入しました。

原資リリースの2018/01/28までに、Bitconnectがぶっ飛べば僕の負け。
回収できれば、引き分け以上確定。

そして、2018/01/28から$24,732を元手に複利運用好きなだけって感じです。

EIKING
まあもう折り返し地点は過ぎたから、そう遠くないかな

おそらくどっかのラインから、再投資を$5,010単位に切り替えると思います。
この時期はまだ先ですが、近いうち検討したいと思います。

大まかなレンディングの流れについては、
こちらの記事で解説してます。

Bitconnectでレンディングして日利1%(月利30%)の利息を毎日得るための流れ

2017.10.30

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。