TECH::CAMPのAIコースができたのでさっそく受講開始してみました

今年のはじめに、TECH::CAMPを受講して、
Ruby on Railsの基礎を学び、習得し、すっかり忘れてしまったのは記憶に新しいですね。

EIKING
いや忘れたわけではない、記憶の片隅に立てかけただけだ

いや、でもコードかけないにしても、
実際Ruby on RailsのMVCモデルの仕組みが理解できただけでもよしとしましょう。

それが生きて、今こうやって渋谷事務所で開発チームがバリバリに開発を行えてるわけですから。

で、今回はそんなRubyで開発中のlismoaに以前から投入しようとしている、
AIについて、もっと深い知識を今のうちにつけときたいと思い、受講に至りました。

 

TECH::CAMP のAIコースとは

なんだかんだ行って僕は卒業生になるので、
実は継続受講コースというのがあって、
月額払うだけでカリキュラムを閲覧し、受講したり、メンターに質問したりすることができます。

実際のAIコースはこんな感じ。

学習時間の目安は60~80時間。
でもこれかなりゆるく見てるので、
実際30~40時間ぐらいで終わると思う。

ちなみに継続受講コースは月額12800円。

一ヶ月で習得できるなら安い。

 

なんのためにAI学習をしたいのか

ざっくりとAIでしたいなーってことはあるんですよ。

ただ、ホントにできるのかわかんないし、
どのぐらいめんどくさいのかもわかんない。

そしてもっとすごいこともできるのかもしれない。

そのへんがまだあいまいなので受講することにしました。

例えば、

新規出品において、
カテゴリの選択や検索キーワードの選定って割りと難しいですよね。

そしてめんどくさいです。

このあたりを、
画像や商品名のキーワードなどから予測して自動で割り当てるようなイメージです。

これは割りと早い段階で実装したいと思ってます。

あとは未来予測系ですね。

『ロジクラ』先進機能の事前登録ユーザー募集を開始

こういうところみたいな。

 

選択肢として手に取れる部分においておきたい

実際どうなるかわかりません、
使ってみて微妙ってなるかも。

でも、
自社システムにいつでも機械学習取り入れれるぜ!
知識はそれなりにあるし、Pythonでのコーディングもやろうと思ったらできる状態だぜ!

ていう状態でいることが重要かなと感じています。

今すぐにAIを活用して◯◯!

みたいなのは、正直スベることも多いと思います。

流行にのっかったけど無理だったみたいな。

でもだからといって見逃すわけにもいかないんですよね。

EIKING
新しいもの好きなので

ということでこの1ヶ月でPythonマスターになり、
セルフディープラーニングしてきます!

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。