WordPressにGoogleタグマネージャ経由で最低限のアクセス解析を行う設定

Wordpresで最低限のアクセス解析をするために、
Googleタグマネージャを利用してGoogleアナリティクスでの計測を可能にする、最低限の設定をしたいと思います。

最低限の設定というのはあくまで、

  • ページビュー
  • 内部リンククリック
  • 外部リンククリック

これらを解析するための設定です。

なんかほかにもいろいろ計測できるんですけど、
あまり需要がわかんないので、
とりあえず一旦このあたりおさえとこうぜと。

 

WordPressの最低限のアクセス解析に利用するもの

今回のアクセス解析に利用するサービスをご紹介しましょう。

  • Google Tag Manager for WordPress (プラグイン)
  • Googleタグマネージャ
  • Googleアナリティクス

この3つです。

流れ的には、

Google Tag Manager for WordPressをWordPressサイトにインストールして、

GoogleタグマネージャのコンテナIDをプラグインにセット、

GoogleアナリティクスのトラッキングIDをGoogleタグマネージャに設定して、

リアルタイム計測で設定確認って感じです。

EIKING
余裕

実はWooCommerce使ったEC向けにと思ったんですが、
そうなるとまたちょっと別の設定なども必要になるので、
それはまた次の記事で!

 

 

Googleタグマネージャの設定

アカウントとコンテナの作成

まずはGoogleタグマネージャ側をセッティングします。

Googleタグマネージャのサイトへ。

アカウントを作成したら、コンテナを作成します。

コンテナ名はサイト分かる感じで、使用場所はウェブで。

 

変数Click系のActivate

コンテナを作成して、ワークスペースのサイドバー「変数」へ移動します。

ワークスペース > 変数 > 組み込み変数 > 設定

今回はリンクのクリックイベントも計測したいなと思ってます。

ようは、サイト内のテキストリンクのクリック数とかを計測できるように。

なので「設定」を押して、クリック系イベントをすべて追加しときます。
クリックのところを全部ONにしときましょう。

 

GoogleアナリティクストラッキングID作成

次にGoogleタグマネージャ内に、
GoogleアナリティクスのトラッキングIDを、
変数として登録しておきます。

なぜなら何回も登場シーンが出て来るので。

ワークスペース > 変数 > ユーザー定義変数 > 新規

をクリック。

「変数の設定」をクリックすると、変数タイプの選択画面がでてきます。

「Googleアナリティクス設定」一択。

すると、変数設定にGoogleアナリティクス設定が適応されるので、
「変数名」を「GAトラッキングID」などに設定します。

そして、トラッキングIDのところに、
同じサイトのトラッキングIDを入力し、保存。

これで、
今後Googleアナリティクスと連携したタグなどを作成するときは、
この変数を呼び出せるようになるので便利です。

 

クリックイベント用にトリガー作成

ページビュー測定だけなら必要ないんですが、
クリックはトリガーとして新規に作成する必要があります。

作るのはこの3つ。

名前 目的
内部リンククリック サイト内へのリンククリックを計測
外部リンククリック サイト外へのリンククリックを計測
外部リンククリックtarget_blank サイト外へのリンククリック(別タブ表示)を計測

ワークスペース > トリガー > 新規

から作成していきます。

トリガーのタイプはすべて「リンクのみ」です。

各トリガーの作成は下記を参考にしてください。

Click URLのサイトドメインだけ、自社のと入れ替えれば適応できます。

内部リンククリック

外部リンククリック

外部リンククリックtarget_blank

 

ページビュー用タグ作成

変数とトリガーができたらようやくタグを作成できます。

ワークスペース内で作ったすべてのタグが、
1つのタグマネージャをサイトに貼るだけで適応されるわけです。

ワークスペース > タグ > 新規

から作成です。

トリガーは今回は「All Pages」です。
どのページでもアクセスした人全てをとりあえずAnalyticsに送り込むために。

 

 内部リンククリック用タグ作成

このへんは自己流もちょっと入ってるんですが、

  • トラッキングタイプ右→イベント
  • Googleアナリティクス設定→設定した変数

になってればOKです。

その他の変数などは、Googleアナリティクス上でどう表示させるかってところなので、
好きなように変更するのもありです。

トリガーは作成した「内部リンククリック」を。

 

外部リンククリック用タグ作成

次に外部リンククリック用のタグです。

基本的には内部リンククリックのときと同様です。

トリガーだけ注意です、
作成した外部リンククリック用のトリガーを2つとも追加します。

これでGoogleタグマネージャ側の設定は終了です。

まだこの状態では反映されてないんですが、
公開する前に先にプラグイン側の設定をしておきます。

 

Google Tag Manager for WordPress設定

Google Tag Manager for WordPressインストール

WordPress管理画面サイドバーから、

プラグイン > 新規追加

へ行って「Google Tag Manager for WordPress」を検索し、
インストール&有効化。

正式名は、

「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」だな。

 

Google Tag Manager for WordPressオプション設定

設定画面に移動します。

Google Tag Manager IDは、Googleタグマネージャのワークスペースから取得します。

Googleタグマネージャのワークスペースのヘッダ部分に、
GTM~からはじまるIDがあります。

これがタグマネージャIDです。

Container code placementは、「Custom」を選択します。

デフォで「Footer」になってますが、
これGoogleが推奨してないのでうまくタグが適応しない可能性もあります。

これらの入力が終わったら「変更を保存」します。

 

テーマのheader.phpにコード直書き

プラグイン入れるのに結局コード直書きするんかい!

って感じですが、<body>内の一部だけ仕方ないようです。

WordPress管理画面サイドバーから、

外観 > テーマの編集

へ移動すると、style.cssの編集画面になると思います。
サイドバーから、編集したいheader.phpを選択します。

テーマにもよりますが、<Body>的なのがどっかにあるはずです。

だいたい</head>のあとにあると思いますね。

そこにプラグインのコードを挿入します。

<!--[Google Tag Manager Plugin]>
<?php if ( function_exists( 'gtm4wp_the_gtm_tag' ) ) { gtm4wp_the_gtm_tag(); } ?>

1行目はコメントですが、
なんのコード挿入したかわかるように入れといたほうがいいです。

挿入したら「ファイルを更新」して完了です。

 

プレビューモードでタグ適応確認

これでGoogleタグマネージャとWordPressがひも付きました。

ですが、設定したタグをまだ公開してないので、
なにも起きません。

そこで公開する前に一度プレビューモードでタグがちゃんと動いてるか確認してみます。

Googleタグマネージャのワークスペースの右上に、「プレビュー」ってのがあるのでクリックします。

するとプレビューモードが起動します。

プレビューモードの状態で、
実際にWordPressサイトに移動してみましょう。

EIKING
なんか出てきた

Tag Fired On This Page: ってのが、
実際タグ適応した場合に機能してるタグになります。

これ見る感じ、ページビューのタグは機能してるようです。

ただし、下の方見てみると、
内部リンククリックと外部リンククリックが機能してません。

Tags Not Fired On This Page: はタグ設置してるけど発火してないよって意味です。

当然です、現在サイトにアクセスしただけなので、
発動したトリガーはページアクセスのみ。

これはサイトの内部リンクテキストをクリックしたり、
外部リンククリックしたときに発火すればOKです。

スクショ撮ろうと思いましたが、
クリックしたときにFiredになってすぐページ偏移するので撮れませんでした。

一応クリックしてみてFiredになればOKです。

 

プレビューモード終了とタグ公開

プレビューで実際タグが動きそうなこと確認できたので、
プレビューモードを終了します。

そして、右上の青い「公開」ボタンをクリックします。

するとバージョン説明の画面になります。
ここは別に誰かに見られるわけでもないんですが、
実際なんの変更を加えたのかわかりやすくしておくと、履歴みることになったときに、あのときやっといてよかったなって思うかもしれません。

「バージョン名」と「バージョンの説明」をわかりやすく記入して「公開」をクリック。

これですべての設定完了です。

EIKING
おつかれ

 

最後にGoogleアナリティクスのリアルタイム確認

Googleアナリティクスでは、リアルタイムでサイトを閲覧してるユーザの確認ができます。

レポート > リアルタイム > コンテンツ

実際に自分でアクセスしてみると、アクティブユーザとしてカウントされてれば成功です。

クリックイベントも同様、

レポート > リアルタイム > イベント

サイト内の内部リンク、及び外部リンクをクリックしてみて、
イベントとしてカウントされてれば成功です。

これで表示されない場合は、どっか間違ってます。

たまにサイトによっては、リアルタイムの測定が遅れる場合がありました。

以上がWordPressにGoogleタグマネージャ経由で最低限のアクセス解析を行うための設定でした。

書いてみたらめっちゃ長いな。

EIKING
慣れたら10分ぐらいでできる

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。